ウェザーニューズ、エアモビリティの運行支援に向け雨・雪・雲を自動判別する多周波気象レーダーシステムの開発を開始

近年、空飛ぶクルマやドローンなどのエアモビリティの実用化が注目されているが、実用化に向けてはルートに特化した気象情報が必要となる。

そこで株式会社ウェザーニューズは本日、ドローンなどが飛行する低高度の雨・雪・雲(霧)といった気象現象を細かく観測し、自動判別する多周波気象レーダーシステムの開発を開始することを発表した。

従来の気象レーダーでは、1つのレーダーシステムに単一の周波数帯を利用する方法がとられているが、今回発表された開発では、レーダーが1つのレーダーシステムに特性の異なる複数の周波数帯を利用することで、雲内部を高解像度に観測し、雨・雪・雲(霧)の判別を可能にする。

このレーダーシステムは、2024年末までにプロトタイプの完成が予定されており、2030年ごろの運用開始を目指しているという。