ドコモ、モーションデータをVR空間上の3Dモデルにリアルタイムに反映して視聴可能にする技術を開発

株式会社NTTドコモは、モーションキャプチャによって取得したモーションデータを、リアルタイムに配信して3Dモデルに反映する技術を開発したことを発表した。

この技術では、モーションキャプチャシステムを用いて取得したモーションデータを、VR空間上の3Dモデルにリアルタイムに反映するため、ライブ配信と視聴者の端末上でリアルタイムに動く3Dアバターを自由な視点から見ることができる。

モーションデータのみのデータをリアルタイムに配信するため、最小限のデータだけで3Dモデルによるライブ配信が可能だ。

ドコモ、モーションデータをVR空間上の3Dモデルにリアルタイムに反映して視聴可能にする技術を開発
今回発表された技術のシステム概要図。

さらに、多人数のモデルのモーションデータを同時に配信することもできる。

また、映像配信の分野で広く使われている配信技術を利用しているため、専用の配信環境を用意する必要がなく、大量配信するためのネットワークとしてCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)を活用することで、低コストでの大規模配信が可能だ。

視聴については、「Virtual Event Platform」アプリダウンロードサイトにて、アプリをダウンロ―ドすることで利用することができる。

なお、この技術を活用したライブ配信デモが、2022年1月17日〜19日にオンラインで開催される「docomo Open House’22」にて行われる。