NECネッツエスアイと住友理工、バイタルセンサーを活用した睡眠促進などのホテルサービスの実証実験を開始

NECネッツエスアイ株式会社と住友理工株式会社は、ルームマネジメントシステム(以下、RMS)とバイタルセンサー「モニライフ」を組み合わせたホテル向けサービスの実証実験を、2022年1月18日から28日の間ホテル コレクティブにて実施することを発表した。

この実証実験では、住友理工が開発した「モニライフ」により、ホテル宿泊者の就寝時における心拍や呼吸などのバイタルデータを取得。睡眠状態を「見える化」するとともに、それらをRMSと連携させて照明や空調の自動制御を行い、ホテル宿泊者に快適な睡眠環境の提供が可能かの有効性を評価する。

NECネッツエスアイと住友理工、バイタルセンサーを活用した睡眠促進などのホテルサービスの実証実験を開始
実証実験の概要図。

今後両社は、ホテルだけでなく、病院や介護施設などに実証実験の成果を応用していくとしている。