パナソニック、AI搭載VieurekaカメラにAmazon Kinesis Video Streams対応機能を追加

一般的に、ディープラーニングの学習用映像データの収集作業は手間がかかる。カメラ内のSDカードや、現地に設置された映像レコーダーなどに記録した上で、それを持ち帰る必要がある。加えて、その映像データを用いてクラウド上で学習を行う際には、クラウドにアップロードする手間も必要となる。

パナソニック株式会社は、AIを搭載したVieurekaカメラVRK-C301でアマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)のAmazon Kinesis Video Streams(以下、KVS)を新機能としてサポートすることを発表した。

KVSは、接続デバイスから、AWSへ動画を容易かつ安全にストリーミングすることができるサービスである。動画のストリーミングデータの取り込みに必要なインフラストラクチャを自動的にプロビジョニングし、ストリーム内のメディアを耐久性に優れた形で保存、暗号化、インデックス化し、使い勝手のよいAPIを介したデータへのアクセスも可能にする。

今回、Vieurekaに新しく搭載したKVS対応機能により、カメラ映像をAWSへ簡単かつ安全にストリーミングし、保存できるようになる。保存された映像データはAWSの他のサービスからの利用ができるようになり、特にディープラーニングに効果的な学習環境の構築が可能になる。カメラから直接クラウドに映像データがストリーミング・保存されるため、これまで学習用映像データの収集にかかっていた手間が省ける。

また、複数台のカメラの映像も簡単に取得できるため、多様な映像を利用した学習も容易になり、モデルの精度向上にかかる時間短縮も見込るという。さらいん、Vieureka Managerに接続されたカメラであれば、リモートから(カメラ設置現場以外から)もVieureka Managerを通してKVSの設定・操作が可能となる。加えて、KVSはマネージドサービスとして提供されているため、サーバの運用・保守が不要だ。