アスカネット他5社、空中ディスプレイ技術を搭載したPOSレジ「デジPOS」の実証実験をセブンイレブン店舗にて実施

株式会社アスカネット、神田工業株式会社、株式会社セブン-イレブン・ジャパン、東芝テック株式会社、三井化学株式会社、三井物産プラスチック株式会社は、非接触・空中ディスプレイ技術を採用したキャッシュレスセルフレジ「デジPOS」の実証実験を、都内のセブン-イレブン6店舗にて、2022年2月1日より順次開始することを発表した。

「デジPOS」に採用されているディスプレイは、レジ画面を空中に結像し、空中に浮かんだ映像をタッチパネルと同様に操作することができる仕様になっており、スカネット、神田工業、三井化学、三井物産プラスチックにて共同開発されている。

アスカネット他5社、空中ディスプレイ技術を搭載したPOSレジ「デジPOS」の実証実験をセブンイレブン店舗にて実施
空中ディスプレイの概要を表したイメージ図。

実証実験では、東芝テックにより決済システムが搭載された「デジPOS」を都内セブン-イレブン6店舗に設置し、実際に顧客が利用することで、顧客の買い物体験、従業員のレジ操作、レジカウンタースペースにおける効率化などの効果検証が行われる。