GROUND、岡村製作所と資本業務提携を締結し、物流ロボットシステムの展開を加速

LogiTech(Logistics x Technology)領域において“Intelligent Logistics”の創造を担うGROUND株式会社は、オフィス家具・産業機械製造の株式会社岡村製作所との間で資本業務提携を締結した。

今回の戦略的な資本業務提携によって、GROUNDが扱う自動搬送ロボット「Butler(バトラー)システム」の提案・販売・導入・保守業務を両社で共同推進するとともに、岡村製作所が扱うロボットストレージシステム「AutoStore(オートストア)」と「Butlerシステム」との組み合わせにより、日本の物流現場における最先端の物流ロボットシステムの展開を加速していく。

両社が導入していく新たな物流ロボットテクノロジーによって、日本の労働生産人口の急減により慢性的な労働力不足に直面している物流現場の問題解決につなげるという。

 

【関連リンク】
GROUND
岡村製作所(OKAMURA)

Previous

大日本印刷・コネクシオ・アットマークテクノ、高セキュリティなIoT環境を実現するゲートウエー端末を発売

「第2回国際ドローン展」、「IoTが拓く次世代ものづくりの世界」 取材レポート (2/2)

Next