SUBARU、富士通と共同開発したエンジン部品の研削加工の品質を判定するAIモデルを本格導入

本日、富士通株式会社と株式会社SUBARUは、共同で開発してきた、エンジン部品加工工程における、研削加工の品質を判定するAIモデル及び、製造現場でのAIモデルの管理を支援する、富士通の「FUJITSU Manufacturing Industry Solution COLMINA 現場品質AI 運用管理パッケージ」(以下、「COLMINA 現場品質AI」)の本格稼働を、2022年1月末よりSUBARUの群馬製作所大泉工場にて開始したことを発表した。

AIモデルでは、エンジンのカムシャフト研削工程において、研削設備に接続したセンサーから、全カムシャフトの主軸動力値や振動のセンシングデータを、エッジデバイスを介して収集する。

収集したデータを基に、AIモデルで推測した品質状態が、品質基準値の範囲内かどうかを判定し、設備側へフィードバックすることで、研削加工時の品質保証を実現した。

また、「COLMINA 現場品質AI」をAIモデルと連携させて導入することで、複数の設備に組み込まれたAIモデルの一元管理を実現する。

SUBARU、富士通と共同開発したエンジン部品の研削加工の品質を判定するAIモデルを本格導入
「COLMINA 現場品質AI」をAIモデルと連携させて導入した際の概要図。

さらに、予測精度が維持されているかどうかをAIモデルの推論結果と検査結果を照らし合わせて常に監視し、予測結果を蓄積・評価することで、AIモデルのチューニング時期を判断でき、必要に応じてAIモデルの再学習と展開が可能になる。

合わせて、大泉工場をはじめとした、SUBARUの群馬製作所全体でのリアルタイムデータを活用した、品質保証レベル向上に向けたAI活用基盤を確立した。

今後、SUBARUと富士通は、AIモデルや取り組みを通じて確立したAI活用基盤、ノウハウについて、他部品や工場全体への横展開を推進していくとしている。

プレスリリース提供:富士通