FRONTEO、自然言語処理に特化した自社開発AIエンジンを活用した新ソリューション「WordSonar」を発表

株式会社FRONTEOは、自然言語処理に特化した自社開発AIエンジン「Concept Encoder(コンセプトエンコーダー)」を2018年に開発し、診断支援や入院患者の転倒転落予測、創薬支援など、医療領域で活用されている。

「Concept Encoder」は、テキストの意味をベクトル化して解析するため、データの網羅的な解析が可能だ。

そうした中FRONTEは、「Concept Encoder」を活用し、他領域でも利用することができるAIソリューション「WordSonar(ワードソナー)」を発表した。

そして、「WordSonar」の第一弾として、建設・製造現場の安全対策に関するリスク発見や予測を行うAIシステム「WordSonar for AccidentView(ワードソナーフォーアクシデントビュー)」の提供を開始した。

「WordSonar for AccidentView」は、建設・製造企業の保有する日報や作業報告書、事故報告書などのテキストデータを、「Concept Encoder」を活用して一元的に集約・解析し、把握・活用しやすい形式で提示するAIシステムだ。

従来のテキストマイニングや画像解析では、適切なタイミングでの特定が困難だった作業現場の危険要因を察知し、事故を発生の数日前に予測する。

FRONTEO、自然言語処理に特化した自社開発AIエンジンを活用した新ソリューション「WordSonar」を発表
「WordSonar for AccidentView」の活用フロー。

また、日々の日報に加え、気象データや季節性データなどを取り込みながら解析を行うこともできる。

FRONTEOは、今後もWordSonarシリーズの多様な業界への展開を図り、ソリューションを提供していく、としている。