丸紅と京セラ、画像認識型「スマート無人レジシステム」の実用化に向けた実証実験に合意

日本国内のスーパーマーケットでは、少子高齢化による労働力不足に伴い、店舗運営の効率化が大きな課題となっている。中でもレジ業務は、従業員や消費者が商品のバーコードを1点1点スキャンする必要があり、時間がかかること、混雑時にはレジ待ちによる行列が発生すること等から、店舗・消費者双方の大きな負担となっている。しかし現状では、レジ業務の効率化には、人的リソースや導入費用が必要であり、なかなか課題解決が進まないのが実態だ。

丸紅株式会社と京セラ株式会社は、画像認識型「スマート無人レジシステム」を活用したスーパーマーケット向け画像決済サービスの実用化を目指し、実証実験を行うため、基本合意書を締結した。

同システムは、京セラ先進技術研究所にて開発された独自の物体認識AI技術を活用し、商品が重なって置かれた状態や利用者が商品を手に持った状態でも、即座に認識することができる。これにより、レジ業務の省力化、効率化が期待できる。
丸紅と京セラ、画像認識型「スマート無人レジシステム」の実用化に向けた実証実験に合意
また、導入に際しては大規模な設備投資や工事は必要なく、カメラとPC、ディスプレイのみの設置で、低コストで容易に利用することができる。さらに、従来のシステムでは、新規商品を登録する際に登録済の商品を含む全商品を改めて登録する必要があるのに対し、同システムでは新規商品のみを登録することができるため、時間短縮につながる。
丸紅と京セラ、画像認識型「スマート無人レジシステム」の実用化に向けた実証実験に合意
両社は今後、今夏に神奈川県エリアのスーパーマーケット店舗で実証実験を行う予定としている。