トライアル、スマートカートに「スキャン漏れ防止機能」を搭載して実店舗へ導入

昨今、小売業では、セルフレジやスマートカートが普及により、うっかり忘れや万引きといった「棚卸時の原因不明ロス」を削減してきたが、スマート決済に関連する「棚卸時の原因不明ロス」は、これまで同様に「うっかり忘れ」と「万引き」に起因しており、再び課題となっているという。

そこで株式会社トライアルカンパニーは、スキャンし忘れた商品を自動検知する「スキャン漏れ防止機能」を搭載した次世代モデルスマートショッピングカートを、田川店に3月8日より本格導入することを発表した。

また、旧モデルでは既存のショッピングカートにタブレットやスキャナーを装着していたが、次世代モデルでは始めからスマートカートとしてデザイン設計されている。

トライアル、スマートカートに「スキャン漏れ防止機能」を搭載して実店舗へ導入
スマートカートとしてデザイン設計されている次世代モデル小型と次世代モデル中型。