パナソニック、画像センシングSaaSアプリケーション群「現場センシングSaaS」を提供開始

昨今の現場では、人手不足や働き方改革、新型コロナウイルス感染拡大による混雑回避やトレースなど様々な社会課題に対応しながら、ビジネスやサービスを継続しなければならないという厳しい状況に置かれている。DXや業務効率化の実現に向けて、現場の人・モノ・行動をデータとして活用するための手段として、画像センシング技術への期待・ニーズはこれまで以上に高まっている。

パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社は、画像解析を中心としたセンシング技術を軸に、現場を可視化して企業と共に現場のプロセス改革を推進するSaaSアプリケーション群「現場センシングSaaS」の提供を開始する。まずは、新型コロナウイルス感染拡大で需要の多い「混雑状況可視化アプリケーション」を2022年3月31日から提供を開始する。

パナソニック、画像センシングSaaSアプリケーション群「現場センシングSaaS」を提供開始
画像センシング技術の一例
混雑状況可視化アプリケーションでは、イベント会場や施設などの混雑状況をリアルタイムに把握できるため、新型コロナウイルス感染拡大を受けた混雑回避策のサポートや、イベント実施後の賑わいの効果検証、街空間の回遊性把握による都市計画に活用することができる。具体的には、カメラの画像を解析し、エリア内の人数・混雑度をリアルタイムで計測する。計測結果をダッシュボードで表示し、さらにWeb-APIで企業のシステムとの連携も容易に実現する。
パナソニック、画像センシングSaaSアプリケーション群「現場センシングSaaS」を提供開始
パナソニック、画像センシングSaaSアプリケーション群「現場センシングSaaS」を提供開始
従来、人の全身をカメラ画像から検出することで「人」を認識し、人数カウントや行動解析を行ってきたが、人が重なり合っている状況では検出に限界があった。同社は人の頭部検出をおこなう独自のエンジンを開発し、屋外かつ人が密集している状況においても混雑状況(人数や密集度など)を計測することができる。さらに、現場画像を活用した独自の学習やアルゴリズムで外乱に強いセンシングを実現した。1,000人を超える群衆においても、計測が可能だ。
パナソニック、画像センシングSaaSアプリケーション群「現場センシングSaaS」を提供開始
また、汎用ネットワークカメラのカメラ画像を活用できるため、センシング用途専用の端末(特殊なカメラやセンサーなど)を設置する必要がない。既に現場にネットワークカメラとインターネット回線がある場合は、新たな端末の購入・設置、インフラ整備などの初期コストが不要で、すぐに利用可能だ。

さらに、ブラウザ経由でダッシュボード機能を利用することが可能なため、計測結果を一目で確認でき、CSVファイルとしても出力できる。表示する間隔も1時間単位から1分単位まで選択可能で、エリア設定機能による特定のエリアの混雑状況を把握することも可能だ(最大5か所)。また、データベースに溜まったデータは、Web API機能によって企業が利用しているアプリケーションなどへ連携できる。
パナソニック、画像センシングSaaSアプリケーション群「現場センシングSaaS」を提供開始