イトーキ・NTT Com・ドコモ、新たなコミュニケーションサービス「office surf」による実証実験を開始

株式会社イトーキ、NTTコミュ二ケーションズ株式会社(以下、NTT Com)、株式会社NTTドコモは、3社のサービスを掛け合わせた新たなコミュニケーションサービス「office surf(オフィスサーフ)」を活用し、働く場所の異なる社員同士の「雑談」を生み出し、社内コミュニケーションを活性化する実証実験を、2022年4月12日〜6月30日まで実施する。

「office surf」は、イトーキが新たに開発した什器に、NTT Comが提供するオンラインワークスペース「NeWork(ニュワーク)」と、ドコモが提供する法人向け共通認証ID「ビジネスdアカウント」を組み合わせた新たなサービスだ。

今回の「office surf」を用いた実証実験では、イトーキの什器をカフェやラウンジなどの場所に、常時オンラインワークスペースを設置。これに、NTT Comが提供する「NeWork」とドコモが提供する「ビジネスdアカウント」を組み合わせることで、新たなログイン情報の登録やWeb会議設定の手間を省きながら、コミュニケーション空間を実現している。

イトーキ・NTT Com・ドコモ、新たなコミュニケーションサービス「office surf」による実証実験を開始
「office surf」のサービス概要図

今回の実証実験を通じ、社員同士のコミュニケーションの活性化、ストレスの軽減状況などを、さまざまな指標から検証が行われる。

3社は今後も、「office surf」の商用化を見据えた取り組みを展開すると共に、「ビジネスd アカウント」が持つ会員基盤における、デジタルマーケティングの活用などによる「office surf」の利用促進を図っていくとしている。

なお、本実証実験の内容については、2022年4月26日〜28日に開催される国際トレードショー「オルガテック東京2022」にて展示予定だ。