ウェザーニューズ、無人販売機「fuubo」の購買データによる食品ロス削減・CO2削減量を見える化するサービスを提供

株式会社ウェザーニューズは本日、食品関連事業者向けに、食品ロス削減によるCO2排出削減量を見える化するサービス提供および、実証実験を開始したことを発表した。

今回発表されたサービスは、ZERO株式会社が提供する食品ロスを削減できる無人販売機「fuubo(フーボ)」にて、廃棄予定の商品を販売し、購買データを収集する。

そして購買データをCO2排出削減量に換算することで、食品ロス削減とそれによるCO2排出削減量の見える化を行うというものだ。

ウェザーニューズ、無人販売機「fuubo」の購買データによる食品ロス削減・CO2削減量を見える化するサービスを提供
食品ロス削減量をCO2排出削減量へ変換するサービスの概要図

加えて、複数の自治体の協力を得て県庁舎などに「fuubo」を設置し、同様の実証実験が行われる。実証実験の結果として、CO2排出量の削減効果を随時公開していく。

なお、ウェザーニューズではデータ提供・分析サービス「WxTech(ウェザーテック)」にて、販売データと気象データを組み合わせて無料で分析することが可能だ。