NSTG、盛り土の状態を測定する「土砂崩れ監視サービス」を開始

昨今、局地的な豪雨が多発しており、低い地盤や斜面に土砂を盛り上げて平坦な地表を作る「盛り土」に、大量に水を含むことで地盤と盛り土の境界部分が崩れ、災害の起点となるケースが発生しているという。

この盛り土を適時監視するには、定期的に現場に出向いて安全点検が必然となることから、点検作業員の確保と労務費の増加が予想されている。

そうした中、エヌエスティ・グローバリスト株式会社は、盛り土の異変に対して、センサと広域無線を活用し、遠隔地で状態把握が可能となる「土砂崩れ監視サービス」を、2022年4月21日から提供開始することを発表した。

このシステムでは、監視対象エリアに設置した各種センサを、広域LoRa無線で定期的にデータ取得することで、現場状態の危険性を判断。異常値が計測された際には管理者へアラートメールを通知する。

また、センサや通信機器には電源には、太陽光電源装置「SpreadRouter-SOLAR」を利用している。

NSTG、盛り土の状態を測定する「土砂崩れ監視サービス」を開始
「土砂崩れ監視サービス」の利用構成イメージ

「土砂崩れ監視サービス」特徴

複数種のセンサから現場の危険性を判断

盛り土の「土壌水分状態、地盤傾斜状態」を測定して、蓄積されたデータからトレンド分析を行い、様々な角度から現場をピンポイントで状態把握。大雨や地震による僅かな変化を検知し、アラート通知を配信。土壌水分や地盤傾斜センサ以外のデータ取り込みが可能だ。

異常判定で作業者の駆け付け機能

各現場の計測値を蓄積し、モニタリングやグラフによる視覚的表示の他、設置現場毎に土壌水分値、土砂傾斜状態が異常となる閾値を設定することで、現場ごとの変化を判断することができる。異常検出時にはメールでのアラート通知機能を提供する。

免許不要、通信費無料のLoRa無線でデータ集約

見通し距離:10km、且つ12段ホップで広範囲エリアを網羅することが可能で、計測箇所が点在している際にも無線ネットワークを構築することができる。

商用電源は不要

計測現場に設置するセンサーや通信機器の電源は太陽光と蓄電池がセットになっている。

現場画像の取得にも対応(※オプション機能)

センサによる監視サービスのスタンダードプランに加え、プレミアムプランでは、現場状況をカメラで撮影してクラウドで静止画を記録、現場の状況変化を画像で確認することも可能だ。