イクシス、道路面ひび割れやガードレール支柱の錆を解析する「道路AI解析サービス」をリリース

これまでの道路点検は、点検員による近接目視が基本であり、生産性・安全性の点で課題があった。

そうした中、株式会社イクシスは本日、道路AI解析サービスとして、「道路面ひび割れ解析」および、「ガードレール支柱の錆解析」のサービスを、2022年4月1日にリリースしたことを発表した。

「道路面ひび割れ解析」では、一般車両に搭載した市販のドライブレコーダで取得した動画に対し、イクシスのAIによる自動解析を行うことで、道路舗装面のひび割れの1次スクリーニングを行う。

イクシス、道路面ひび割れやガードレール支柱の錆を解析する「道路AI解析サービス」をリリース
ドライブレコーダで道路舗装面のひび割れの1次スクリーニングを行っている様子。

一般車両による点検が可能なため、例えば業務などの用途で日常的に走行する車両を活用して、定期的な点検が可能となる。

また、路面の劣化状態の可視化レポートも、パノラマ表示などが可能。なお、劣化区分けのレポートは、日本無線株式会社と共同開発している。

「ガードレール支柱の錆解析」では、一般車両に搭載した市販のビデオレコーダを用いて進行方向に対して側方を撮影し、その映像をイクシスのAIが解析してガードレールの支柱や、支柱の錆を検出する。

イクシス、道路面ひび割れやガードレール支柱の錆を解析する「道路AI解析サービス」をリリース
ガードレール支柱の錆解析のイメージ図

走行中の車両から撮影でき、解析もAIが行うため、融雪剤等の影響で支柱の根元が錆びている区間を1次スクリーニングする際等、生産性や安全性を向上することができる。