ソナス、独自開発のマルチホップ無線技術「UNISONet」を搭載した無線通信モジュール・開発用ボードの量産提供を開始

ソナス株式会社は、同社が開発したマルチホップ無線技術「UNISONet」を搭載した、無線通信モジュール及び開発用ボードの量産提供を開始した。

「UNISONet」は、「同時送信フラッディング」を採用することで、省電力・時刻同期・ロスレスデータ収集・高速収集・低遅延な双方向通信といった機能を、同時に実現する通信規格だ。

量産される通信モジュールのラインナップは「2.4GHz版」と「920MHz版」の2種類だ。

ソナス、独自開発のマルチホップ無線技術「UNISONet」を搭載した無線通信モジュール・開発用ボードの量産提供を開始
2.4GHz版と920MHz版のスペック表

また開発用基板も、「開発ボード」と「ブレイクアウトボード」の2種類が提供される。

「開発ボード」は、ファームウェア設計に必要な各種スイッチやコネクタ、インジケータを装備しており、「ブレイクアウトボード」は、フルピッチのピンヘッダで、モジュール各ピンへアクセスすることが可能だ。

ソナス、独自開発のマルチホップ無線技術「UNISONet」を搭載した無線通信モジュール・開発用ボードの量産提供を開始
左:開発ボード 右:ブレイクアウトボード

量産提供のMOQは100個で、サンプルは1個から提供可能だ。