リバーフィールド・KDDI・ソリトンシステムズ、5G SAを活用し遠隔医療及び同時配信する実証実験を実施

リバーフィールド株式会社、KDDI株式会社、株式会社ソリトンシステムズは、5Gスタンドアローン(以下、5G SA)とMEC(AWS Wavelength)環境を活用した遠隔医療の実証実験を、2022年5月31日に実施した。

この実証実験では、5G SA環境とMECを経由し、熟練医が手術支援ロボットを操作した。

加えて、KDDI DIGITAL GATE の5G SA環境から接続したMEC上の映像中継サーバで映像信号を分岐することで、手術支援ロボットの操作の様子を複数のモニターへ低遅延映像伝送し、遠隔指導を行った。その結果、リアルタイムに手術指導が可能なことが確認された。

リバーフィールド・KDDI・ソリトンシステムズ、5G SAを活用し遠隔医療及び同時配信する実証実験を実施
今回の実証実験の概要図

3社は今後も、無線ネットワークを利用した際の技術的な課題を洗い出し、今後の研究開発に向けた各種データを収集することで、医療業界のDXに貢献するとしている。

なお、リバーフィールドの手術支援ロボットは、2022年6月7日から6月11日に虎ノ門ヒルズで開催される国際学会「CARS 2022」)Computer Assisted Radiology and Surgery)にて展示される。