アスクル、ライナフのエントランス用スマートロックを活用して置き場所指定配送を開始

アスクル株式会社が運営する一般消費者向けインターネット通販サービス「LOHACO」(ロハコ)は、LOHACO本店とLOHACO PayPayモール店を対象とした2022年6月6日受注分より、オートロック式集合住宅向けの置き場所指定配送を開始した。

このサービスは、アスクルの物流子会社であるASKUL LOGIST株式会社(以下、アスクルロジスト)が配送する東京都世田谷区で、株式会社ライナフが提供するエントランス用スマートロック「NinjaEntrance(ニンジャ・エントランス)」を導入済の集合住宅が対象だ。

「NinjaEntrance」は、オートロックエントランスの鍵をデジタル化して遠隔で解錠できる仕組みで、置き場所指定配送の対象荷物を配達するドライバーが、一時的にオートロックエントランスを解錠することができる。

今回のサービスでは、アスクルロジストの配達員が専用端末と荷物を連携することで、エントランスのオートロックを解錠し、自宅の玄関横まで荷物を届ける。(トップ画参照)

今後は順次対象エリアを拡大していく予定だ。

オートロック式集合住宅への置き場所指定配送の流れ

アスクル、ライナフのエントランス用スマートロックを活用して置き場所指定配送を開始
置き場所指定配送の流れ

買う

注文時に受け取り方法選択画面で「置き配・玄関横」を選択。(アスクルロジストが届ける荷物の場合選択が可能。)

届く

アスクルロジストのドライバーは指定の配達日に、専用端末アプリと対象荷物を連携し、エントランスのオートロックを開錠。

確認する

玄関横まで荷物を配達したドライバーは、写真つきメールで配達完了を知らせる。