ショウタイム24・タイムリープ、無人内見システムと遠隔接客サービスを組み合わせるための協業を発表

IoTを活用した不動産案内システム「無人内見システム」を運営するショウタイム24株式会社は本日、遠隔接客サービス「RURA」を開発・提供するタイムリープ株式会社との協業を開始することを発表した。

今回の協業により、ショウタイム24が提供する無人内見システムと、タイムリープが提供する「RURA」を組み合わせることで、ショールームや不動産物件の内見などを行なっていく。

ショウタイム24・タイムリープ、無人内見システムと遠隔接客サービスを組み合わせるための協業を発表
「無人内見システム」と「RURA」を組み合わせたサービスの概要図

今後両社は、既に「無人内見システム」を導入している不動産業界に限らず、ショールームを持つメーカなどにも展開していくことを目指すという。

サービス利用の流れ

WEBから来場予約

予約が完了したら、現地のスマートロックの解錠方法をメールで通知する。

入場方法

当日は、メールに記載された解錠方法で、ユーザ自身のスマートフォンで入口を解錠する。

QRコードによる展示物の説明

現地の展示物などにはQRコードが設置してあり、読み取ると合成音声や動画で説明を視聴することができる。

遠隔接客によるコミュニケーション

現地に設置されたモニター越しに、スタッフとリアルタイムで会話をすることも可能。

IoT機器を利用した、照明やエアコンの遠隔操作

現地の照明やエアコンは、遠隔地からパソコンやスマートフォンで操作することができる。