横河電機、製造業のDXを支援する新会社「横河デジタル株式会社」を設立

横河電機株式会社は本日、製造業における経営コンサルティングサービス事業を展開する「横河デジタル株式会社」を、2022年7月1日付けで設立したことを発表した。

横河デジタルは、Operational Technology(OT、運用・制御技術)とIT(情報技術)の双方の領域での知見やノウハウを生かし、コンサルテーションや製造業の経営と現場をつなぐクラウド関連のシステム実装、運用・保守までのサービスを提供する。

ソリューションの導入にあたっては、産業用クラウドプラットフォームである「Yokogawa Cloud」を基盤に、SaaSなどサブスクリプション型のサービス提供も行う。

横河電機、製造業のDXを支援する新会社「横河デジタル株式会社」を設立
横河デジタルが目指すグローバルでの最適化を表した図

将来的にはグローバル展開も視野に、経営コンサルティングサービスとそれに伴うDX・ITサービスや、運用・保守を提供していくとしている。

なお、営業開始は2022年10月1日からで、まずは国内の企業に対してサービスを提供していく予定だ。