ソフトバンクがセルラーV2X向け5.9GHz帯の実験試験局免許を取得、ホンダのテストコースで技術検証実施

ソフトバンク株式会社は、3GPPで標準化された通信規格である「セルラーV2X通信システム(以下、セルラーV2X)」向けに、国際的に割り当てが検討されている5.9GHz帯周波数の実験試験局免許を、2022年2月に取得したことを発表した。

また、ソフトバンクは、本田技研工業株式会社の鷹栖プルービンググラウンドに、5.9GHz帯の実験試験局でセルラーV2X直接通信の検証環境を構築し、今後テストコースでのコネクテッドカーの技術検証を実施する。

ソフトバンクは今後、国際的に割り当てが検討されている5.9GHz帯の周波数による「セルラーV2X」直接通信の技術検証を進め、エコシステムを構築することで、国内におけるセルラーV2Xの普及を推進していくとしている。