アステリア、AI搭載IoT統合エッジウェア「Gravio」の最新版を提供開始

アステリア株式会社は、センサやカメラからのデータ収集やサービスへの接続をノーコードで実現する、AI搭載IoT統合エッジウェア「Gravio」を提供している。

そしてアステリアは本日、「Gravio」の最新版を、7月25日から提供開始することを発表した。

最新版では、Gravio Hubのソフトウェアとハードウェアを共に機能強化し、AIによる画像推論機能を強化や、社外センサへの接続対応を行った。

AIによる画像推論機能では、プリインストールの画像推論モデルに加え、ユーザが作成したオリジナルAI推論モデル(画像分類、物体検出)もノーコードで実装し、利用することが可能だ。

アステリア、AI搭載IoT統合エッジウェア「Gravio」の最新版を提供開始
指の向きをAI判定し、外部サービスにノーコードで連携している。

また、稼働環境の多様化に対応した新Hub「Gravio Hub 2」では、LANポート、SDカードスロット・HDMIポート等を追加している。

アステリア、AI搭載IoT統合エッジウェア「Gravio」の最新版を提供開始
接続性や利便性を強化した、新しい「Gravio Hub 2」