EBILAB、沖縄市内の繁華街とレジャー施設にIoTカメラを設置し施設間人流データ調査を実施

企業:

沖縄県沖縄市に所在する「沖縄アリーナ」「沖縄こどもの国」「ミュージックタウン音市場」といったレジャー施設では、年間を通して大小様々なイベントが開催されている。

一方沖縄市は、それらのイベントを目的とした来街者が、「沖縄市一番街商店街」をはじめとする市内の繁華街へと回遊しているのか、まちの賑わいや個店の集客にどの様な影響を与えているのか、といった観点で、イベントの開催と人流データを組み合わせた分析をこれまで行っていなかった。

そこで株式会社EBILAB(エビラボ)は、沖縄市と共同で、同市内の「沖縄市一番街商店街」1箇所と、レジャー施設3施設内の8箇所、合計9箇所にIoTカメラを設置し、2021年12月3日~2022年4月5日の期間、施設間人流データ調査を実施した。

EBILAB、沖縄市内の繁華街とレジャー施設にIoTカメラを設置し施設間人流データ調査を実施
左:沖縄市一番街商店街イメージ 中央:沖縄アリーナイメージ 右:設置されたIoTカメライメージ

この調査では、各エリアの日付・時間帯ごとの通行者のカウント数を計測し、収集したデータをEBILABが開発したBIツール「TOUCH POINT BI」で分析を行った上で、結果の総覧や考察を行いやすい形にビジュアライズした。

EBILAB、沖縄市内の繁華街とレジャー施設にIoTカメラを設置し施設間人流データ調査を実施
左:IoTカメラの設置場所ごとに人流を可視化 中央:設置場所ごとの人流を比較 右:日付や曜日ごとに人流を比較

今回の施設間人流データ調査の結果は、沖縄市の政策検討、来訪者数の比較分析、各種行政施策やイベントの効果測定などに活用される予定だ。