コノル、スマホで既存の電気錠やホテルキーなどを解錠するクラウドシステム「Clue」シリーズを発表

株式会社コノルは本日、スマートフォンを使ったクラウド解錠システム「Clue(クルー)」シリーズをリリースする。「Clue」シリーズは目的別に、オフィスなどの施設向け「Clue」と、ホテル向け「Clue for Hotel」の2種類を提供する。

「Clue」は、コノル独自開発の専用ハードウェア「Clue GATE」をセコム端末や制御機器と接続することで、NFCやAPIを使って無電圧A接点の制御を行うことができる。これにより、スマートフォンから電気錠への解錠操作を、設置のみで実現することが可能で、既存物件にも後付け導入できる。

解錠したいドア横に設置したNFCタグへスマートフォンをかざすと、社内システムのタイミングに合わせて、IoT向け通信MQTTSを介して「Clue GATE」経由にてドア解錠を行う。

コノル、スマホで既存の電気錠やホテルキーなどを解錠するクラウドシステム「Clue」シリーズを発表
「Clue」の利用イメージ

「Clue for Hotel」は、ホテル公式アプリに組み込む製品で、従来のホテルカードキーでの解錠を、スマートフォンをかざす形で実現するクラウドサービスだ。(トップ画参照)

認証鍵のシステム構築やホテルPMSの改修は不要で、既存ホテルカードキーとの併用での運用が可能だ。

今回のリリース時点では、美和ロック社ALVシリーズの(ALVBJM/ALVBJP/ALVBJS/ALVBJT/ALVBJR/ALVBJA)に対応しており、今後対応する機種やメーカーを増やしていくとしている。