ネクストシステム、AI行動解析システム「VP-Motion」に「画像ベース行動解析機能」を追加

株式会社ネクストシステムが提供するAI行動解析システム「VP-Motion」は、検出したい行動や作業、動作に名前(ラベル)をつけて、あらかじめAIに学習させることで、骨格や画像の情報から対象の人物がどんな行動や作業をしているかをリアルタイムで判別できるシステムである。既に学習済みのモデルをベースにしており、少量の映像でも学習が可能で、検知したい行動を利用者自身で自由に設定できるため、さまざまなシーンで活用できる。

このほど、ネクストシステムはVP-Motionに「画像ベース行動解析機能」などの新機能を追加したことを発表した。

VP-Motionでは、従来から「骨格ベース行動解析機能」を採用しており、検知した対象者の骨格情報をもとに人物の行動や作業を解析している。これによって、学習時間の短縮や、学習済みモデルの軽量化、推論時間の高速化を実現する

新機能の画像ベース行動解析機能では、人体周辺の画像情報も含めて検知するため、使える用途が広がり、手に持つ工具や作業の対象物などによっても、行動の分類分けができるようになった。

また、画像ベース行動解析機能の提供と併せて、骨格ベース行動解析に「上半身モード」が追加された。これにより、作業台の上の作業など腕や上半身しか映っていない映像でも精度よく行動解析ができるようになった。
ネクストシステム、AI行動解析システム「VP-Motion」に「画像ベース行動解析機能」を追加
人体だけでなく、人体周辺の画像情報の検知も必要な行動(ハンマー、レンチなど何を持っているかで分類が変わる行動)においては、画像ベース行動解析での検知が適している。一方、転倒や腕組など人体の骨格動作だけで検知可能な行動は、骨格ベース行動解析での検知が適しているとのことだ。

なお、学習を行う際にいずれかを選択可能なので、骨格ベース行動解析でうまく分類できない場合に画像ベース行動解析を試す、といった使い方も可能だ。

VP-Motionの価格は、基本パッケージが798,000円(税抜)で、VP-Motion(Annotator、Trainer、Monitorの統合環境。1台のPC上で動作)、Standalone Monitor(統合環境とは別のPCで動かすためのMonitorアプリ)、VP-Motion用プロダクトキー/PC1台分、Standalone Monitor用プロダクトキー/PC1台分が含まれている。