本田技術研究所、「HondaイノベーションラボTokyo」を開設し知能化技術研究開発を強化

Hondaの研究開発子会社である株式会社本田技術研究所は、知能化技術の研究開発を強化するため、外部有識者や研究機関との連携を図る共創の場として、新拠点「HondaイノベーションラボTokyo(英語名称:Honda R&D Innovation Lab Tokyo)」を、今年9月を目標に東京・赤坂に開設すると発表した。

本田技術研究所は、2003年に脳研究や視覚・聴覚認識など、従来の機械工学に加えて、さらに最先端の知能化研究を進化させることを目的に、株式会社ホンダ・リサーチ・インスティチュート(以下、HRI)を設立。ドイツ・フランクフルト、米国・シリコンバレー・コロンバス、日本・埼玉県和光市に拠点を設け、先進科学研究者とのネットワークを構築し、研究に取り組んできた。特に、シリコンバレーには本田技術研究所の出先機関としてホンダ・シリコンバレー・ラボを設け、HRI米国・シリコンバレーと連携し、現地スタートアップ企業の技術探索などの成果を得ている。

上記拠点に加え、新たにHondaイノベーションラボTokyoを開設することにより、グローバルで新たな人材を幅広く集め、さまざまな技術者や研究者が外部有識者や研究機関と連携を図りながら、実用化に向けた知能化研究開発を加速させていく。

Hondaは、自動運転やコネクティビティ、ロボティクスなどの知能化技術の研究をさらに拡大強化し、顧客に喜びを提供するさまざまなモビリティのさらなる知能化に取り組んでいくという。

 

HondaイノベーションラボTokyo 概要

名称 HondaイノベーションラボTokyo
所在地: 東京都港区赤坂(予定)
開設時期: 2016年9月(予定)
役割: 知能化技術の先端研究・モビリティ領域への応用研究

 

【関連リンク】
ホンダ(HONDA)
本田技術研究所(Honda R&D)
ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン(HRI-JP)

Previous

三井住友海上・あいおいニッセイ同和・インターリスク総研、遠隔型自動走行に対応した「自動走行実証実験総合補償プラン」を発売

日立、日本語での論理的な対話を可能とする人工知能の基礎技術を開発

Next