エンルートとJapan Drones、産業用ドローン向けソリューションを共同開発

株式会社 エンルートとJapan Drones株式会社は、オープンソースであるArduPilotをベースとし、産業用ドローン向けソリューションを共同開発し、グローバルに提供していくことを合意した。

 

Japan Drones株式会社の代表Mackay Randall Neal(ランディ・マッケイ)氏は、ArduPilotのマルチコープター部門のリーダで、ArduPilotをベースとした産業用アプリケーション開発チーム ArduPilot Initiativeのオーナーの一人となる。

今回の合意では、ArduPilot Initiativeチームが、エンルートのハードウエアに最適化した、産業用のシステム開発を進めていく。

エンルートの得意とする、農業、測量、点検、警備、建設のお客様向け専用システムを開発する事で、より作業性の高い統合ソリューションを構築する。さらに、これらのソリューションを、グローバルに提供していく。

今回の連携の要点は以下の通り。
・エンルートの開発する、無人航空機、無人車両、無人艇に最適化した自律制御システムの開発
・画像処理、AI技術を用いた制御の開発(NVIDIAのJETSONプラットフォーム連携を含む)
・産業用の信頼性の高いフライトコントローラー、モータードライバーなどのハード開発
・バッテリーとのコミュニケーション等、フライトコントローラーと周辺機器との会話システムの開発
・開発技術者育成のための教育プログラムの開発と実施

 

【関連リンク】
エンルート(ENROUTE)
Japan Drones
ArduPilot Initiative

Previous

DJI、フライトマップに「ドローン飛行可能施設」情報の掲載開始

タカラッシュ、スマートアイウェアを使った仮想現実とアナログのリアル感の融合による新たなリアル宝探しプロジェクトを始動

Next