ABEJA、ダイキンと連携し、ディープラーニングを活用した協業を開始

ディープラーニングを活用し産業構造の変革をサポートする株式会社ABEJAは、グローバルで空調事業を展開するダイキン工業株式会社の技術開発拠点であるテクノロジー・イノべーションセンター(以下、ダイキンTIC)と、ディープラーニングを活用した協業を開始する。

なお、同協業が、ABEJAにとって初となる製造業界での取り組みとなる。

 

ABEJAは、AIのブレークスルー技術であり、蓄積されたビックデータから人間の手を介さずしてそのデータを適切に表現する特徴を自動的に見つけ出す「ディープラーニング」を活用したサービスを提供している。これまで、ディープラーニングを活用し様々な情報を収集・解析・可視化するクラウドサービス「ABEJA Platform」を、小売・流通業界を中心に、国内の300店舗以上に導入頂き、店舗運営の改善に資するソリューションを提供してきた。

今回、初めて取り組む製造業界では、開発、設計、製造、品質管理、販売、保守サービスなどあらゆる業務過程で大量の情報が扱われている。ビックデータの高精度な解析を得意とするディープラーニングをIoTへの対応が進む製造業に応用することで、大幅な業務の改善・効率化が見込まれる。

ダイキンTICとの協業を通しABEJAは、ディープラーニングの製造業へ応用を図り、業務の改善・効率化に向けた研究・開発に取り組む。

ABEJAは、ディープラーニングの活用により、多様な業界、シーンにおけるビジネスの効率化・自動化を促進し、産業構造の変革に貢献していく。

 

【関連リンク】
アベジャ(ABEJA)
ダイキン(DAIKIN)

Previous

PTCの戦略とオールインワンIoTプラットフォーム「ThingWorx」 -PTCジャパン インタビュー(2/2)

損害保険ジャパン日本興亜、「自動運転専用保険(実証実験向けオーダーメイド型)」の開発

Next