NTT西日本、IoT向けLPWAネットワークのフィールドトライアルを実施

西日本電信電話株式会社(以下、NTT西日本)は、あらゆるモノがインターネットを通じてつながるIoTに求められる、低消費電力で広範囲をカバーできるLPWAネットワークの技術・活用シーンを検討している。

 

同取り組みの背景

近年、あらゆるモノがインターネットを通じてつながるIoTは産業・社会など様々な分野へ急速に広がり、ビジネスモデルや人々の生活・行動様式を大きく変革することが期待されている。一定期間ごとに利用料を計測する検針分野に見られるように、少量データを低頻度で通信するIoTの利用シーンでは、低コストで広範囲をカバーできるネットワークサービスの提供が求められている。

こうした要求に応えるべく「LPWA」に関する技術検証や、先進的事業モデルの情報収集を進めている。

今回、様々な分野のパートナーとのコラボレーション強化を通じたIoT利用シーンの創出とそれに対応した新サービス開発を目的に、LPWAネットワークを活用したフィールドトライアルを実施する。

 

フィールドトライアルの概要

概要

同トライアルにおいては、全世界のIoT関連メーカー約300社が加盟する「LoRa Alliance」において仕様策定と活用が推進されている規格「LoRaWAN(TM)」(※)を採用したLPWAネットワークをNTT西日本より提供sる。トライアルパートナーは、自社で所有する各種IoTデバイス・センサー、データ集約プラットフォーム等を組み合わせることで、IoT活用シーンのトライアルが可能となる。

検証項目

a:LoRaWAN(TM)を活用したIoTサービスに求められる機能、運用稼働等の検証
b:IoTサービスの利用シーン創出とビジネス性の検証

参加要項

■参加受付期間
2016年6月29日(水)~2017年2月末日まで
※ 参加受付期間は予告なく変更する場合がある。

■NTT西日本からの提供内容
トライアル対象エリアにおけるLPWAネットワークの提供

■主たる参加条件
<1> LoRaWAN(TM)に対応したIoTデバイス・センサー、サーバー等、検証に必要な設備環境を自社で手配できること
<2> トライアル期間中における効果検証(打合せ、アンケート等)へ協力できること
<3> トライアル参加申込み後にNTT西日本から掲示するトライアル参加規定の内容に同意すること

■トライアル実施エリア
関西エリアを予定。

■参加申込方法
こちらのサイトより申し込み。
※ トライアル提供環境の都合により、トライアルを実施できない場合がある。

参加パートナーへのLoRaWAN(TM)情報提供について

同トライアルへの参加企業には、「LoRaWAN(TM)」の日本規格策定を進めているSemtech Corporation(以下、セムテック)より、LoRaWAN(TM)の概要及び技術的要件に関する情報を提供予定。

【別紙・参考資料】
別紙1 LPWA概要
別紙2 フィールドトライアル概要

 

トライアル第1弾について

多機能型自動給水栓とLPWAを活用し、農業における給水管理、水位・温度制御等の遠隔操作を行うフィールドトライアルを、積水化学工業株式会社とともに滋賀県野洲市において実施予定。

農業分野においては、農地の大区画化・汎用化等に伴い、水管理の省力化、需要主導型の水利用の実現が求められており、同トライアルを通じて、営農形態に合わせた水管理の実現と、既存通信方式に比べた電波伝搬強度、省電力化の検証を行う。

 

今後の展開

NTT西日本では、同トライアルで得られたIoT向けネットワーク技術に関するノウハウを基に、様々なIoT分野に活用できるLPWAネットワークの活用シーンの検討を進めていく。

 

※ 「LoRaWAN(TM)」:半導体メーカーのセムテック、IBMなどの「LoRa Alliance」メンバーが策定したIoT向け通信規格のひとつ。

 

【関連リンク】
NTT西日本
ローラ・アライアンス(LoRa Alliance)
セムテック(Semtech)
積水化学(SEKISUI CHEMICAL)

Previous

矢野経済研究所、2020年度の国内介護ロボット市場を149億5,000万円と予測

UEI、深層学習したビッグデータの特徴空間をVRで体験できる「Feature Space Diver by DEEPstation」を開発

Next