Qt 5.5はWindows 10をサポート、完全なBluetooth Low EnergyとRed Hat Enterprise Linux 6.6の公式サポートを開始

ヘルシンキ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — ザQtカンパニーは 本日、先進的クロスプラットフォーム・アプリケーションおよびインターフェース(UI)開発枠組みの最新バージョンであるQt 5.5のダウンロード提供を開始したと発表した。

Qt 5.5はソフトウエア開発会社が直面するさまざまな頻繁な環境変化に対応する。

すなわち、市場のトレンドとニーズに対応する柔軟性、安定的で高性能のソリューションの提供、対応プラットフォームの種類の増加、デザイナーやエンドユーザーが思い描いていたリッチなグラフィカル・インターフェースの実現をもたらす。

 

Qt 5.5は、接続された端末や動的なアプリケーションをC++ネイティブの性能で作成するために必要な要素をすべて開発者に提供する。

Qt 5.5では企業は将来に備えることができ、あらゆる主要なデスクトップ、組み込みシステムやモバイル・オペレーティングシステムにわたってマルチスクリーンとIoTの選択肢を組み込むことができる。

Qt 5.5は特に間もなく登場するWindows 10の予備的サポートを提供し、正式なWindows 10がリリースされた後のQt 5.5.xパッチのリリースによって完全なサポートを提供する。Qt 5.5によって、ユーザーは既存のQtコードを再利用したWindows 10上でのビルドと実行が可能になる。

デスクトップ開発への継続的注力により、Qt 5.5はRed Hat Enterprise Linux 6.6を公式にサポートし、このプラットフォームのためにあらかじめビルドされたQtのバージョンを含む。

 

この最新のリリースにはまた、Bluetooth Low Energy(Bluetooth Smart)のような機能が含まれ、これは特にIoT(モノのインターネット)の展開に便利だ。

これからは、スマート・センサー、ウエアラブル、その他のBLE対応周辺機器と通信するためのクロスプラットフォームのコードを書くことが簡単になる。

さらに、統合開発環境の新バージョンであるQt Creator 3.4により、コーディングと設計の生産性がこれまで以上に高まる。

 

ユーザーが洗練されたインターフェースに馴染むにつれて、3Dグラフィックの可能性(および、それを組み込むことの機会)が増加している。

Qt 5.5には、3D要素の利用を素早く容易にできるようにする新たなモジュールが2つ含まれる。

Qt Canvas 3Dは、WebGLライクなAPIを提供し、これをQt Quick UIツールで利用することで、3Dコンテンツのロードと表示を極めて簡単なものにできる。

テクノロジー・プレビューに含まれているQt 3D 2.0モジュールは、C++とQMLのAPIを提供し、3DコンテンツのQtアプリケーションへの統合を簡単にする。

 

リアルタイムのカメラ・フィードや映像加工の取り扱いは強化され、マシンビジョンや画像加工が必要なアプリケーションで便利に利用できる。

Qt Multimediaモジュールはいくつか改善され、中でも新たな映像フィルタリング機能では、OpenCLやCUDAのような枠組みをVideoOutput要素と共に統合することができる。

Linuxプラットフォームでは、gstreamer 1.0が今後デフォルトのバックエンドとして使用される。

Qt Quick Controlsは基盤となるQMLエンジンを大幅に強化し、TreeViewコントロールが追加されたことで、デスクトップ・アプリケーションを構築するために必要なコントロール群が完全なものになった。

 

Qt 5.5は、テクノロジー・プレビューでQt Locationモジュールを導入し、マッピング、ジオコーディング、ルーティング、プレースのサポートを追加した。

既存のQt Positioning APIと合わせて、Qt Locationは位置認識アプリケーションを作成するために必要なものすべてを提供する。

Nokia Here、Mapbox、Openstreetmapを含む多様なマップ・データ・プロバイダーを利用することができる。

 

Qt 5.5では、Google Chromeオープンソース・プロジェクトに基づいたクロスプラットフォーム・ブラウザー・エンジンであるQt WebEngineがChromiumバージョン40にアップデートされた。

ファイルのダウンロードの管理、キャッシュのコントロール、クッキー、設定などのために、いくつかの新たなAPIが追加された。

Qt WebEngineはQt WebKitを置き換える。Qt WebKitはQt 5.5でも利用可能だが、新しい機能の開発には新たなQt WebEngineモジュールを使用することが強く推奨されている。

 

Qt 5.5の詳細とダウンロードについてはこちら : http://www.qt.io/qt5-5

Qt 5.5の新機能の全リストはこちら : https://wiki.qt.io/New_Features_in_Qt_5.5

ザQtカンパニーは、LIVE “Meet Qt 5.5″ウェビナーを7月2日(木)米太平洋時間午前10時と7月3日(金)中央欧州時間午前10時に開催する。
ウェビナーの登録についてはこちら : http://www.qt.io/webinar-qt5-5/

会社の詳細はこちら : ザQtカンパニーについて

 

【関連リンク】
ビジネスワイヤ

Previous

マルチリージョン、マルチランゲージのIoT連携の世界展開スタート

WORLD OF IOT 2015 東京ビッグサイト

Next