ソフトバンクショップ初、最新IoT製品の体験スペース「TECH SPOT」がソフトバンク銀座にオープン

ソフトバンクは本日7月15日、最新IoT製品の体験スペース「TECH SPOT」を、ソフトバンク銀座にオープンした。ソフトバンクショップ内に「TECH SPOT」をオープンするのは、今回が初めてだという。

今回オープンした「TECH SPOT」では、空中に浮きながら音を出すBluetooth対応スピーカー「Mars(マース)空飛ぶスピーカー」や、底のセンサーに触れた物の色を感知して同じ色に変化するインテリアライト「COLOR UP(カラーアップ)」、ワインの一番美味しい温度を教えてくれるワイン温度計「Kelvin(ケルビン)」など、合計15製品が展示されている。なお、一部製品を除き、店舗での販売も行うという。

「TECH SPOT」は、最新のIoT製品を体験できるスペースとして2015年12月より展開中の「TECH CAFE」の1つとして運営。「TECH CAFE」は、顧客がゆっくりくつろげるスペースを併設した「TECH CAFE」、IoT製品の体験スペースのみの「TECH SPOT」、まだ商品化されていないIoT製品の展示が中心となる「TECH LAB」の3つの形態で展開しており、本日時点で9店舗に設置されている。

【関連リンク】
ソフトバンク(SoftBank)

Previous

矢野経済研究所、IoTに牽引されたセンサーネットワークシステム設置数、2020年度には136.4万システムに拡大と予測

IoTは顧客とつながるための究極の技術 -セールスフォース・ドットコム 執行役員 関氏インタビュー(2/2)

Next