ウフルとABEJA、IoT×AI領域で業務提携

株式会社ウフルと株式会社ABEJAは、2016年7月1日に業務提携を行い、人工知能技術を軸にした、第四次産業革命を推し進める案件協力やマーケティング活動を共同で開始した。

ウフルでは、2016年4月1日にウフルIoTイノベーションセンターを開設し、“協創”によるイノベーションを生みだすビジネスモデルの実現を推進しており、2015年5月にはオープンイノベーションによるビジネス創出を目指した「IoTパートナーコミュニティ」を設立した。

また、ABEJAでは、2012年からディープラーニング技術を中心とした人工知能の研究開発を行い、その研究成果をベースにした「ABEJA Platform」を流通・小売業界を中心に国内100店舗以上に提供してきた。また、2016年6月には、グローバルで空調事業を展開するダイキン工業株式会社の技術開発拠点であるテクノロジー・イノベーションセンターと協業を開始し、製造業界に進出している。

今回、両社が提携することにより、IoT領域に深い知見やコンサルティング等のノウハウを持つウフルと、人工知能に関する技術を持つABEJAが、それぞれの強みを持ち寄り、小売・流通業界をはじめとする各業界において、第四次産業革命の実現に向けた顧客のイノベーション推進を支援する。

具体的には、産業機械業界や設備管理等のIoT領域の案件において、顧客ニーズを的確に捉えたソリューションの設計およびシステムインテグレーション等を中心に協業し、人工知能を活用した各産業の自動化、効率化、最適化を推進していく。また、今後セミナー等のセールス・マーケティング活動も共同で実施し、新たな市場の開拓を進めていくという。

【関連リンク】
ウフル(Uhuru)
アベジャ(ABEJA)
ダイキン(DAIKIN)

Previous

Telit、半導体製造関連設備の動作を準リアルタイムで管理できる「secureWISEビジネスマネジメントポータル」を提供

ヤマトシステム開発、MVNO事業者向けに培ったセットアップ技術と物流ノウハウを家庭用ロボットなどIoT関連機器事業者に提供

Next