指紋センサー技術を提供するEgisが、MWC上海2015で最新の指紋ICとYuKey Paymentを発表

指紋センサー技術を提供するEgis Technology Inc.(神盾股份有限公司)は、FIDO仕様とPKIに基づく指紋ICセンサー、認証ソリューション、モバイル決済ソリューションに加え、FIDO Certified™認定のUAF/U2F製品の最新ラインアップを推進している。

Egisは指紋センサーのあらゆるニーズに対応できるワンストップショップで、総合ソリューションによってあらゆる人々にとってのセキュリティーと認証を簡素化・強化することを目標としている。

Egisのタッチセンサーとハイブリッドセンサーは、最高の信頼度でユーザーIDを認証し、その正確性検証ができる。またこれらのセンサーは、指が濡れていたり乾いていたりする状態の指紋など、種々の条件の指紋を読み取ることも可能だ。これらの要素が相まって、最高性能を実現する最先端の指紋認証・正確性検証システムが誕生した。すべてが低消費電力で動作する微小モジュールに納まっている。

Egisの指紋センサー/モジュールの導入例には、スマートフォン、タブレット、ウエアラブルデバイス、VDIボックスなどの携帯機器がある。FIDO会員企業であるEgisは、FIDO Certified™認定のUAF/U2F製品を展示する。これらはFIDO認定プログラムによって最近発表された世界初のFIDO 1.0製品の一角を占めるものだ。YuKey USB U2Fドングルは驚くほど小型でワイヤレスマウスのレシーバーほどしかなく、EgisのEH570センサーを採用した世界クラスの認証製品となっている。YuKey U2Fドングルは指紋認証ができる以外にも、ドライバーやソフトウエアが不要で、パスワード入力に取って代わる手段となり、動的ログインやデジタル署名暗号化の機能を搭載する。

■Egis Technology Inc.について

Egis Technology Inc.は指紋認証技術を提供する一流企業として、センサー機能とソフトウエア機能を備えた総合ターンキーソリューションの提供を専門としている。同社が専有するマッチングアルゴリズムは、今日の市場で最高のセキュリティーと利便性を提供しながら、最高のFAR/FRR機能を実現するアルゴリズムの1つとなっている。FIDOアライアンスのスポンサーメンバーとしてEgisが目標としているのは、オンラインでつながった世界のあらゆる人々にセキュリティーと認証の機能を提供することだ。Egisは台湾の台北に本社を置き、支社を中国・日本・米国に擁している。
www.egistec.com

【関連リンク】
ビジネスワイヤ

Previous

ピタソフトがBlackVue Over the Cloudのリリースを発表

リクルート、街の未来をつくるオープンイノベーションプロジェクト「Smart City Innovation Program」を三井不動産グループと「柏の葉スマートシティ」にて開催

Next