ZTEが年次アナリスト・カンファレンスで変革的なM-ICT革新の計画を発表

企業:

上海–(BUSINESS WIRE)– (ビジネスワイヤ) — モバイルインターネットのための通信技術と企業・個人向け技術ソリューションを提供する国際企業であるZTEコーポレーションは7月12日、世界のテクノロジー業界をけん引している重要な動向について見解を発表し、通信事業者、企業、公共部門の顧客、個人ユーザ、提携企業が新しい市場機会を活用できるようにする革新技術において同社が抜きん出るための計画について発表した。

 

ZTEの執行副総裁兼最高技術責任者(CTO)である趙先明博士(ツァオ・シャンミン/Zhao Xianming)は、上海で開催中のZTEグローバル・アナリスト・カンファレンスで7月12日、インターネット・オブ・シングス(Internet of Things)によって世界がますます繋がるなか、ZTEは5G、SDN(ソフトウエア定義ネットワーク)、クラウドコンピューティング、ビッグデータに関する研究を強化し、顧客がより動的なサービスプロビジョニングに対応した次世代ネットワークと技術インフラを構築できるように支援すると語った。

他にもゲストスピーカーとして、中国国家情報センター情報化研究部門のディレクターを務めるShan Zhiguang博士と、ソフトバンクのシニアディレクターの北原秀文氏が講演を行った。

 

趙先明博士は次のように述べている。

「将来、何十億台もの機械やモノがブロードバンドに接続され、業界や政府のサービスがデジタル化されるに伴い、データの増加がさらに加速するでしょう。世界の技術エコシステムがますます多様化して複雑になっているため、個人ユーザと企業にメリットをもたらす革新を推進すべく、関係者全員が進んで協力する必要があります。」

 

世界で最も急成長を遂げている4G LTEネットワーク・ソリューションを提供するZTEは、5Gやその他の次世代ネットワーク技術に関する研究で、業界の取り組みを先導している。同社はZTE独自のプレ5Gネットワーク・ソリューションに関して、中国移動(チャイナモバイル)やソフトバンクなど、世界一流の通信事業者との提携を発表している。

このソリューションにより、顧客は既存の4Gインフラ上で将来の5Gネットワークの特性をエミュレートできる。

 

ZTEはSDNとNFV(ネットワーク機能仮想化)の革新にも注力し、通信事業者がユーザ需要の拡大を見込んで、拡張性と柔軟性に優れたネットワークインフラに移行できるように支援すると、趙先明博士は語った。

ZTEは2014年に、ElasticNet SDN IPRAN(インターネット・プロトコル無線アクセスネットワーク)ソリューションを発表し、顧客が膨大な数のアクセスレイヤー機器を仮想化して、ネットワークの運用・保守を簡素化できるようにした。

 

ZTEの企業・政府部門は交通、エネルギー、金融サービス、公共部門、インターネットを含む主要な垂直分野に重点的に取り組み、同社の通信と企業コンピューティングにおける能力を利用して、顧客が生産性を高めてビジネス効率を生み出すことができる、統合型ソリューションを構築すると、趙先明博士は述べた。

 

趙先明博士によれば、ZTEのスマートシティー2.0ソリューションは、公共部門の顧客のために技術と運用管理の革新を促進する。

ZTEのスマートシティー・ソリューションは世界110都市以上で導入され、ヘルスケアや教育などを含む優れた公共サービスを住民に提供している。

 

ZTEの端末事業部門は、ユーザ中心型製品の革新に力を入れ、個人がスマートフォン、タブレット、ウエアラブルで最先端の製品設計を利用しつつ、パーソナライズされた生産性の高いアプリケーションやソフトウエアをシームレスに利用できるようにする。

 

2014年に、ZTEはスマート機器の次世代音声制御技術の革新を推進する目的で、バイドゥ(百度)、ニュアンス、アンビアンスなどの提携企業と共に、スマート・ボイス・アライアンスを結成した。

ZTE Star 2スマートフォンは、システムレベルでアルゴリズムを組み込み、世界で最も包括的な音声制御機能を提供している。

 

2014年に、ZTEはM-ICT戦略の下、通信、企業コンピューティング、個人ユーザ向け機器の革新を推進し、インテリジェントで常にオンライン状態にある時代にユーザが適応して力強く成長できることを目指す、新たな取り組みを発表した。

M-ICT戦略の下、ZTEは通信ネットワーク、モバイル機器、企業コンピューティングに関する世界トップクラスの能力を統合して、変革的な革新を促進し、技術の融合が進む世界に顧客がうまく移行できるように支援している。ZTEは同社の中核的価値であるクール、グリーン、オープン(CGO)を基盤に、革新的で強力な統合型ソリューションを開発し、顧客に価値を提供できる優位な立場にある。

 

【関連リンク】
ビジネスワイヤ

Previous

アクロディア、独Dream Chip Technologies社のxBounds技術に関するライセンス契約を締結

LAオートショーのコネクテッド・カー・エキスポは2015年のTop Ten Automotive Startupsを選ぶ

Next