nnf、光るスマートフットウェアOrphe(オルフェ)一般発売開始

株式会社no new folk studio(以下nnf)は、スマートフットウェア「Orphe(オルフェ)」の一般発売を希望小売価格¥44,800にて2016年9月9日に開始する。取扱予定店舗は、三越伊勢丹、そごう・西武の店舗やオンラインストアなど。

Orpheは、2014年にスタートしたクラウドファンディングプロジェクトで$110,000以上の資金を集め、TVCMの演出での起用や金沢21世紀美術館での展示、水曜日のカンパネラ/山本寛斎/AKB48/ケント・モリといった著名アーティストらとのコラボレーションなどでも注目を集めるIoTデバイスで、両足合計約100の個別制御可能なLED、Bluetooth通信モジュール、9軸モーションセンサーを内蔵したスマートフットウェアだ。
 

 

拡散する光にこだわったLEDソール

約100個のフルカラーLEDをソールに内蔵。自由度の高い光の表現が可能。

スマートフォンから“SCENE”をデザイン

iOS/Android対応のアプリケーションでSCENE[光と音のデザイン]を自由にカスタマイズ。足の動きに応じた光や音の変化も楽しめる。

ライブパフォーマンスやゲームのコントローラとしてソールに内蔵した9軸モーションセンサで動きのデータをリアルタイムに取得。音楽制作ソフトや他のアプリケーションと連携して新たなパフォーマンスを制作できる。

他のユーザと“SCENE”をシェア

他のユーザのデザインしたSCENEをクラウドで共有。ユーザ間で共有したり、アーティストが使用したSCENEをダウンロードできる。[現在開発中の機能]

広がるスマートフットウェアの可能性

SDK[ソフトウェア開発キット]を無償で公開。誰でもオリジナルのアプリケーションを開発してOrpheの新たな使用方法を創造できる。[現在開発中の機能]

 
【関連リンク】
株式会社no new folk studio

Previous

バイドゥとNVIDIA、自動運転車向け「Map-to-Car」プラットフォームを共同開発

「AIを育てるのは日本とアジア」 AIテクノロジー企業Appier CEO チハン・ユー、AIの未来を語る

Next