リシンク・ロボティクス、研究・教育市場に向けロボット「ソイヤー(Sawyer)」を発表

リシンク・ロボティクス(Rethink Robotics)は6日、世界の研究・教育市場に向けて高性能ロボット「ソイヤー(Sawyer)」を発表した。オープンソースのロボット・オペレーティング・システム(ROS)で構築され、ソフトウエア開発キット(SDK)を装備したロボット「ソイヤー」は、教育者と研究者が機械学習、人間・ロボット相互作用、メカトロニクス・グラスプ、マシンビジョン、製造スキルの分野でイノベーションを促進することを支援する。

新SDKパッケージは7つの角度を持つ自由度、4キロのペイロード、1260ミリのリーチ、高解像度のエンベデッドビジョン、サブミリメートルの精度など、ロボット「ソイヤー」の機能を拡張し、その重さは19キロだ。

リシンク・ロボティクスのオープンソース・コミュニティー・メンバーは、研究・教育におけるスマートで協調的なロボットの利用法を押し広げている。世界27カ国のユーザーはアプリケーションと開発コードを共有し、あらゆるところで協調的ロボットの利用を進展させている。

ソイヤーは産業と教育の共通部分が増大する中で、ペンシルベニア大学、シドニー工科大学、エンブリー・リドル航空大学、ジョンズ・ホプキンス大学、ポーツマス大学の研究者と教育者を支援し、その領域は製造効率のための自律システム研究から、ロボット工学の学際的研究、信号処理、患者ケアを改善する医療機器にまで及んでいる。

【関連リンク】
リシンク・ロボティクス(Rethink Robotics)

Previous

NEC、VR空間を個別構築しヘッドマウントディスプレイなどとセットで提供する「法人VRソリューション」の販売を開始

オープン・コネクティビティー・ファンデーション、製品認証プログラム拡大に向け世界6カ所に認証ラボを開設

Next