NTTドコモ・エンルート・MIKAWAYA21、セルラードローンを活用した買い物代行サービスの実証実験開始

MIKAWAYA21株式会社と株式会社エンルート、および 株式会社NTTドコモは、携帯電話ネットワークを利用するドローン(以下、セルラードローン)を活用した「社会的課題解決を見据えた買い物代行サービス」の実証実験を福岡市内の離島にて2016年11月から行うことに合意した。

同実証実験は、国家戦略特区に指定されている福岡市の協力により、携帯電話ネットワークを利用した セルラードローンの長距離目視外運航における同サービスの実現性、および上空のドローン周辺の通信品質や地上の携帯電話ネットワークへの影響等を検証するものだ。

同サービスは離島におけるシニア、子育て世帯に対し、電話にて依頼を受けた商品を自宅まで配達するサービスにおいてセルラードローンを活用するもの。同実証実験では、福岡市内にある「能古島(のこのしま)」と九州本島間の約2.5kmの飛行航路、および能古島島内で実施される。

【関連リンク】
エンルート(ENROUTE)
MIKAWAYA21
NTTドコモ(NTT docomo)

Previous

ジェムアルトとアリババが協業し、中国のIoT市場の安全性を確保

中国Wasion Group、リシンク・ロボティクスのソイヤーを組み立てラインに導入し生産性が向上

Next