テスラモーターズ、自動運転車対応「スーパーコンピュータ」にNVIDIAのAIコンピューティング・システムを採用

テスラモーターズは、今後、すべてのテスラ車両(Model S、Model X、発売予定のModel 3)に、完全な自動運転機能を提供できる車載「スーパーコンピュータ」を装備すると発表した。このコンピュータは、既存システムの40倍を超える処理能力をもたらし、テスラの開発した視覚、ソナー、レーダー・プロセッシング用のニューラルネットを実行するという。

この車載スーパーコンピュータは、NVIDIA DRIVE PX 2 AIコンピューティング・プラットフォームに支えられている。NVIDIA DRIVE PX 2は、エンドツーエンドのAIコンピューティング・システムであり、ディープラーニングの画期的なアプローチを利用して、自動車の周囲の状況を知覚し、理解する。

同社のディープラーニング・プラットフォームはオープンであるため、自動車メーカーは最初に、自社のディープニューラルネットワークをGPUスーパーコンピュータで訓練できる。自動車にロードされると、高速でネットワークを処理し、自律走行に必要な、リアルタイムの正確な対応を実現するという。

NVIDIA DRIVE PX 2はすでに、出荷開始されている。

【関連リンク】
テスラモーターズ(Tesla Motors)
エヌビディア(NVIDIA)