テスラモーターズ、自動運転車対応「スーパーコンピュータ」にNVIDIAのAIコンピューティング・システムを採用

テスラモーターズは、今後、すべてのテスラ車両(Model S、Model X、発売予定のModel 3)に、完全な自動運転機能を提供できる車載「スーパーコンピュータ」を装備すると発表した。このコンピュータは、既存システムの40倍を超える処理能力をもたらし、テスラの開発した視覚、ソナー、レーダー・プロセッシング用のニューラルネットを実行するという。

この車載スーパーコンピュータは、NVIDIA DRIVE PX 2 AIコンピューティング・プラットフォームに支えられている。NVIDIA DRIVE PX 2は、エンドツーエンドのAIコンピューティング・システムであり、ディープラーニングの画期的なアプローチを利用して、自動車の周囲の状況を知覚し、理解する。

同社のディープラーニング・プラットフォームはオープンであるため、自動車メーカーは最初に、自社のディープニューラルネットワークをGPUスーパーコンピュータで訓練できる。自動車にロードされると、高速でネットワークを処理し、自律走行に必要な、リアルタイムの正確な対応を実現するという。

NVIDIA DRIVE PX 2はすでに、出荷開始されている。

【関連リンク】
テスラモーターズ(Tesla Motors)
エヌビディア(NVIDIA)

Previous

NEC、数万人規模の混雑度と人の流れをリアルタイムかつ高精度に予測する技術を開発

ぷらっとホーム、IoTにおけるエッジコンピューティングを実現するIoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT VX1」を発売開始

Next