NEC、IoT活用により生産性20%向上 グループ全体の開発・生産基盤の統合を推進

NECは、NECグループの工場全体で、グローバルで変化が激しい顧客のニーズへ迅速に対応するため、「グローバルサプライチェーン能力の向上」、「品質・トレーサビリティの強化」を推進している。今回これらに向けて、各工場の開発・生産基盤の統合を推進するとともに、IoTの活用も拡大したという。

開発・生産基盤の統合推進では、グローバルERPパッケージ「IFS Applications」を活用したSCMシステムを従来のNECプラットフォームズ 甲府事業所(注1)に加え、同 掛川事業所(注2)・白石事業所(注3)、NECプラットフォーム テクノロジーズ 香港(注4)の3つの工場に導入するとともに、NEC府中事業場の放送機器などカスタム品を扱う工場にも導入した。また、工場ごとに最適化されていた製造実行管理システム(MES)(注5)も新たに標準化し、掛川・白石の2つの工場へ導入したという。

IoTの活用では、2015年10月より導入されたNECネットワークプロダクツの本社工場で、現場で発生する問題への対応スピードと改善サイクルを短縮、オペレーションと設備稼働の効率化/最適化を行い、20%の生産性向上を実現したという。さらに、IoT活用標準システムとして掛川工場にも導入し、今後順次各工場へ展開する予定としている。

NECはこれらのシステムを、既存の統合PDMシステム「Obbligato III」(注6)や販売・調達・経理システムなどの経営システムと連携し、全社統一を行うことで情報の一元化を行い、工場の改善サイクル向上や継続的な商品供給など、顧客への迅速かつ柔軟な対応につなげるという。

今回統合を推進した開発・生産基盤の全体システム概要は以下のとおり。

  1. 設計から生産・保守まで、サプライチェーンの一貫した業務・システムを標準化
    2013年にNECプラットフォームズ 甲府事業所に導入したSCMシステムを同 掛川事業所・白石事業所、NECプラットフォーム テクノロジーズ 香港にも導入。また、設計から生産・保守までのサプライチェーンの一貫した業務・システムを標準化し、府中事業場における放送機器など、セミカスタム品やフルカスタム品のものづくりにも対応できる仕組みを構築した。

    さらに、生産拠点ごとに最適化されていたMESシステムを統合・標準化し、2016年5月より掛川・白石の2つの工場で稼働を開始した。これにより、「QCD(Quality, Cost, Delivery)担保の標準化」「生産の見える化」「トレーサビリティ基準の標準化」を実現している。

    業務プロセスとシステムの標準化により、社内リソースを有効活用、拠点間の生産調整を容易に行うことができるなど、グローバルでのQCDの競争力強化を行い、より迅速に顧客ニーズに対応可能になった。

  2. 先進IoT技術を活用することで「KPI管理」「異常の見える化」「効率化・最適化」を推進
    NECは、2015年10月よりNECネットワークプロダクツの本社工場でIoTの実装を行い、20%の生産性向上を実現している。今回、同工場での下記取り組みを、NECプラットフォームズ 掛川事業所にも展開した。

    • KPI管理
      品質や稼働状況など、人・設備・モノに関する情報のリアルタイムかつ一元的な見える化を行い、経営者・工場管理者・現場の各階層でのKPI管理の強化により、改善サイクルの促進を行い、顧客への迅速な対応につなげる。
    • 「異常の見える化」
      ラインの異常、品質悪化の兆候などを早期に捉え、迅速に意思決定を行うことができるようになった。例えば設備の異常の早急な発見により、出荷遅延などの重大トラブルの影響をいち早く把握し、顧客への継続的な商品供給を実現。
    • 効率化・最適化
      人の作業を可視化・分析・ナビゲーションすることで、作業手順やリソースの配置を最適化し、段取り時間などの作業工数を削減。また、組立検査工程において、音声合成による作業指示と音声認識による実績入力を導入し、ハンズフリー化することで作業の効率化を実現している。また、NEC独自の物体指紋認証技術を活用し、プリント基板にバーコードやRFIDを貼付することなく個体を識別、生産実績や品質情報を紐づけて工程内のトレーサビリティや品質分析を行うことも進めている。

NECは、IoTを活用した次世代ものづくりを支えるソリューションとして「NEC Industrial IoT」を提供している。

NECは今後も、自社グループで得たノウハウやAIなどの最先端技術を活かして「NEC Industrial IoT」をはじめSCM、MES、PDMなどのソリューションを強化するとともに、様々な事業者との共創により、顧客のグローバルで一貫したものづくりのインフラ構築やプロセス変革に貢献するという。

(注1) サーバ・ATMなどを生産
(注2) ルータ、車載機器などを生産
(注3) キーテレフォン、POSシステムなどを生産
(注4) NECプラットフォームズの事業関係会社、POS・通信機器等を生産
(注5) MES: Manufacturing Execution System
(注6) PDM:Product Data Management、製品技術情報を一元管理するシステム

【関連リンク】
日本電気(NEC)
NECプラットフォームズ(NEC Platforms)
NECネットワークプロダクツ(NEC Network Products)

Previous

LoRaを展開する、仏Orange S.A. の子会社が、IoT/データ・アナリティクス・ソリューションのグローバル展開へ [海外ニュース]

スマートロックを活用した「スマート内覧」「スマート会議室」を開発するライナフ、総額3.9億円の資金調達を実施

Next