徳島市阿波おどりにてIoT機器iBeaconおよびEddystone連動のアプリ提供。世界に先駆けた技術導入の取り組みも

シビックテック団体Code for Tokushimaは、今年5月の『阿波おどりアイデアソン』にて最優秀となった『連の位置がリアルタイムで分かるアプリ』を開発し、そのサービスを徳島市阿波おどりにて行う。IoT機器であるApple社iBeacon及びGoogle社Eddystoneとスマートフォンを連動させることで実現する。

阿波おどり期間中は、街に点在する演舞場に連(おどりグループ)が移動し、踊りを披露する。連ごとにさまざま特徴があり、追っかけをする根強いファンも少なくない。
またその移動中には輪踊りという突発的に踊り子たちが円を組み、輪を作り、その中で即興で踊り合うこともある。
そういった街全体を使った祭りをより楽しめるアイデアとして『連の位置がリアルタイムで分かるアプリ』が求められた。
それを受け、Code for Tokushimaではアプリ開発及び、ビーコン機器(iBeacon、Eddystone)の設置を行う。
ビーコン機器についてはOpen Beacon Field Trial(日本Androidの会)及び、芳和システムデザイン社の協力で50台以上の『BLEAD』を設置した。

※iBeaconとは
Apple社によるビーコン規格で、特定の信号を数十m発信することができる。
この信号をアプリが受信することで様々な動作を行うことができる。

※Eddystoneとは
2015年7月に発表されたGoogle社によるオープンソースのビーコン規格で、URLを発信することが出来るため専用アプリが無くとも情報配信を行うことができる。

 

【開発・準備したもの】

1.阿波おどりのスマートフォン向けコンテンツ
http://codefortokushima.org/sub-contents/awaodori
阿波おどりに関するスマートフォン向けWebコンテンツが現在少ないため新たに作成。
※今回の取り組みを優先しており阿波おどりを紹介する内容としては未だ十分なものではない。

2.連の位置がリアルタイムで分かる地図
http://codefortokushima.org/sub-contents/awaodori/radar/
上記コンテンツの『連レーダー』メニューにて「注目する連」を選択すると確認できる。
※8月12日の本番まではダミーデータを表示してある

3.専用アプリ
https://itunes.apple.com/jp/app/id998834062
iBeacon受信用アプリとして株式会社GTラボの「びこり!」を使用。
アプリ内の『イベント』で「一般用」と「連用」を切り替えることができ、前者では場所と連動したコンテンツの閲覧、後者では位置の送信を行う機能を持っている。

4.iBeaconを設置
演舞場および輪踊りスポットに芳和システムデザイン社製「BLEAD」を設置。
また一部の連も所有し、アプリ利用者が近づくと連の情報がプッシュ配信される。

5.Eddystoneを世界に先駆けて設置
発表されて1ヶ月もたたないものだが、芳和システムデザイン社の協力で、世界で先駆けて設置する。この技術は今後アプリケーションをインストールすること無く位置でのプッシュ通知が可能となるO2Oなどで要になりうる技術だ。
※現在はiOSの最新版Chromeで対応済み。この技術によって専用アプリ「びこり!」をインストールせずにこれらの無くともコンテンツのプッシュ通知を受け取る事ができます。機器はiBeacon同様「BLEAD」となる。

 

【本年度のサービス範囲について】

本年度は一部の連から協力を得て情報を提供する。また、輪踊りスポットについても限定的となる。
本年度の成果をもって来年以降により提供範囲を広げより良いアプリや体験などを提供していく予定だ。

ビーコンの情報を一般公開したハッカソンの実施など、「おどる阿呆」「みる阿呆」に「つくる阿呆」が加わるとシビックテックとして素晴らしいものになるだろう。

 

Code for Tokushimaについて

テクノロジーの力で地方創生や課題解決を推進していくシビックテック団体。徳島に在住するエンジニアや様々な専門家により構成されている。
http://codefortokushima.org/

 

BLEADついて

芳和システムデザイン社製のiBeaconモジュールで、直径5cm重量28gと小型軽量で商業施設や交通機関などさまざまな用途で使用できる。
http://www.houwa-js.co.jp/index.php/ja/products/blead

 

Open Beacon Field Trialついて

誰もが自由に BLE 対応デバイスを利用可能な「オープンな実験場」を提供し,自由な発想のもとでアプリ開発者やハードウェアベンダーが互いに切磋琢磨できる場を日本Androidの会と協力し作り出すことを目的とする団体。
http://openbeacon.android-group.jp/

 

びこり!について
「ビーコンを使ってやりたいこと」をアプリ開発不要で実現できる汎用的なビーコンプラットフォーム。例えば新規アプリを開発せずともiBeaconと既存のWebサイトを容易に連動させられる。
開発の株式会社GTラボは徳島を拠点に最新技術を取り入れたアプリコンテンツやソリューションの開発を行っている。
https://itunes.apple.com/jp/app/id998834062
http://gtlab.jp/

Previous

アプリックス、IoTソリューションの提供により収益改善へ

インクリメントP、自動運転支援地図の開発に着手 過疎・高齢化地域での自動運転利用を視野に金沢大学と共同プロジェクト

Next