東京大学松尾研究室と人工知能ベンチャーWACULが共同研究

株式会社WACULは、人工知能の研究を行っている東京大学松尾研究室と協働し、Web最適化の研究開発を行うことを発表した。

東京大学松尾研究室は、日本で最高峰の人工知能研究機関であり、人工知能、ウェブ工学、ビッグデータの分析をメインとした研究を行っている。

WACULは、従来展開していたwebコンサルティング事業の知見を活かし、2015年4月より、Webサイトのデータ分析・改善提案を行う人工知能分析サービス「AIアナリスト」を提供している。

 

WACULと松尾研究室が協働して人工知能の共同研究を行う。

WACULは松尾研究室協力のもと、「AIアナリスト」の分析・課題発見精度向上に努める。

また松尾研究室は、AIアナリストが分析するデータを対象に研究開発を行うことで、ビッグデータ分析・Web最適化の研究を進めていく。

東京大学松尾研究室と人工知能ベンチャーWACULが共同研究

【関連リンク】
・東京大学松尾研究室( http://weblab.t.u-tokyo.ac.jp/about/
・株式会社WACUL( http://wacul.co.jp/
・人工知能「AIアナリスト」紹介サイト( https://wacul-ai.com/

 

Previous

バンタン、「ファッション×テクノロジー」を考えるPepperのスペシャルイベントを8月末、三越伊勢丹の店舗で開催

デジタル、操作性とデザイン性を追求した産業用コンピューター「PS5000シリーズ」を発売

Next