日立オートモティブシステムズのモノチューブショックアブソーバー、トヨタのLEXUS「IS」シリーズに採用

  日立オートモティブシステムズ株式会社のモノチューブショックアブソーバーが、2016年10月にマイナーチェンジモデルとして販売開始されたトヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)のLEXUS「IS」シリーズの全モデルに採用された。
  モノチューブショックアブソーバーは、応答性に優れたサスペンションシステムを構成する主要部品であり、今回の「IS」シリーズのマイナーチェンジは、トヨタがサスペンションのチューニングなど細部までこだわり、同シリーズのDNAともいえる「運転の愉しさ」の熟成を進めるとともに、快適性の向上などをめざしたものとなっている。
 
【関連リンク】
日立オートモティブシステムズ(Hitachi Automotive Systems)
トヨタ(TOYOTA)

Previous

ルネサス、16/14nm世代以降のマイコン向けにフィン構造を備えたSG-MONOSメモリセルを開発

米Fenox Venture Capitalと台湾ウィストロン、IoT・ロボティクス・AR/VR分野のスタートアップを支援するファンドを共同で設立

Next