クアルコム、Android Things OSでのGoogle社との協業を発表

クアルコムは12月13日(米国時間)、Qualcomm Snapdragonプロセッサでの新しいIoTデバイス向けAndroid Thingsオペレーティングシステムのサポートで、Google社と協業することを発表した。

消費者向け及び産業向けアプリケーションのための多種多様なコネクテッドデバイスの開発をサポートする両社のAndroidとSnapdragonの専門的知識を活用することにより、この取組みはIoTに多くの開発者が参加することをサポートする。

Snapdragon上のAndroid Thingsは開発者が慣れ親しんでいるセルラー・Wi-Fi ・Bluetoothを含むコネクティビティ、センサー、カメラ、グラフィックス、マルチメディア、リッチなUI、ハードウェアベースのセキュリティ、Googleサービス・クラウドのインテグレーション、テスト・最適化ツール等を提供し、迅速且つスケーラブル、コスト効率が高く、セキュリティにフォーカスしたIoTソリューションの開発を可能にするという。

ŸAndroid Thingsは現在ディベロッパプレビュー中で、来年Snapdragonプロセッサ向けに幅広くリリースされる予定だ。

Previous

ドコモとDeNAら、スマートモビリティ推進コンソーシアム 九州大学伊都キャンパスで自動運転バスの実証実験を開始

キヤノン、IoT・AI時代のデバイス製造に最適な高い生産性と重ね合わせ精度を実現 i線ステッパー(※1)“FPA-5550iZ2”を発売

Next