GEアプライアンスとAmazon Alexaが連携し、新たな音声制御Alexaスキルを開発[海外ニュース]

IoTNEWSプレミアム会員 限定海外コンテンツ(今だけ無料!)

GEアプライアンスはホリデーシーズン前に、顧客のデザートや食事の好みに合った温度セッティング機能などが含まれているAlexaスキルを開発した。

GEアプライアンスのAlexaスキルを利用し、ジンジャーブレッドやテンダーロインなどの複雑な料理を作ることが容易となる。ユーザーは音声制御でオーブンを予熱し、ホリデー料理をよりスムーズに作り上げることができる。

・参考記事:米アマゾン 、Alexa のスキルが3,000以上に対応

GEアプライアンスとホーム・キッチン用品メーカーであるMonogramの製品に向けて開発されたこのAlexaスキルは、「Geneva」という。今年9月にローンチし、ハイアールの子会社であるGEアプライアンスはAlexaスキルを利用し、冷蔵庫、食器洗い機、壁オーブン、グリル、ランドリーなどを含める様々なWifi対応のキッチンアプライアンスを制御することができる。

例えば、ユーザーは「Alexa、ハムを予熱してほしいとGenevaに教えて」と命じると、Genevaを起動してユーザーの習慣にあった調理モードが自動的に設定される。Genevaは現在、20種類以上の調理モードの温度が調節でき、その中の10種類は様々なクッキー作りにも対応する。

また料理中から手が離せない時、「Alexa、オーブンの状況をGenevaに尋ねて」と話せば、Genevaがコネクテッドオーブンに付いたデジタル肉温度計を通じて、オーブンの予熱・加熱状況を報告してくれる。

また、ほかのホリデーシーズン向けのスキルは以下がある。

「Alexa、私はクッキーがほしいとGenevaに伝えて」
「Alexa、オーブンのタイマーを10分に設定しほしいとGenevaに伝えて」
「Alexa、私はコーヒーが15分後にほしいとGenevaに伝えて」
「Alexa、アイスメーカーが満タンかどうかGenevaに尋ねて」
「Alexa、食器洗い機がいつ終わるかGenevaに尋ねて」

ハイアールの子会社であるGEアプライアンスは、Wi-Fi対応機器の技術が発展しており、顧客の日々生活を向上させることを目指している。GEアプライアンスとMonogramのコネクテッド製品を利用し、顧客はどこでも家を遠隔にモニター・見守りすることができるようになった。キッチンからランドリールームまで、顧客はAmazon Alexa、Amazon Dash Replenishment とIFTTTなどの機能が持ったコネクテッド製品を活用し、近所と遠隔を問わずボイス及びスマホを通じて制御することが可能である。

参考リンク:GEアプライアンス

関連リンク:GEアプライアンスとAmazon、新たなAlexaスキルを開発

今後、海外ニュースは、IoTNEWSプレミアム会員(1,500円/月)限定コンテンツとして更新していきます。IoTNEWSプレミアム会員になると、海外ニュースや専門家によるオピニオン記事、業界別IoT情報、国内外IoT分析レポートなどを購読いただけます。現在はお試し版として無料で配信中!

Previous

SigfoxとThinxtra、IoT通信ネットワーク事業を香港に展開[海外ニュース]

「A connected world of opportunity」ARM買収後の戦略

Next