Honda、感情エンジンなど次世代のモビリティを見据えた新技術を発表

Hondaは米国ネバダ州ラスベガス市で開催されている世界最大の家電見本市CES2017において、「Cooperative Mobility Ecosystem(考える・つながる・楽しいモビリティのある世界)」をテーマとして、人々の生活の質を高める新価値提供に向け、人工知能(AI)、ビッグデータ、ロボティクス技術を活用したオープンイノベーションを加速させると発表した。また、人とのコミュニケーションを行うAIを搭載したEVコミューターのコンセプトカー「Honda NeuV(ニューヴィー)」や、他社とのオープンイノベーションにより実現したさまざまな技術を公開した。

Honda NeuV

Honda NeuV
 
世界初公開となるAI技術「感情エンジン※1 HANA(Honda Automated Network Assistant)」を搭載し、自動運転機能を備えたEVコミューターのコンセプトカー。ドライバーの表情や声の調子からストレス状況を判断して安全運転のサポートを行うほか、ライフスタイルや嗜好を学習して、状況に応じた選択肢の提案を行うなど、ドライバーとモビリティの自然なコミュニケーションを実現している。また、所有者が使用しない時間には、所有者の許可を得て、自動運転で移動しライドシェアを行うなど、自動運転技術とAIによって拡がるモビリティの可能性を模索するコンセプトモデル。

Honda Riding Assist

Honda Riding Assist
 

ASIMOに代表されるヒューマノイドロボット研究で培ったHonda独自のバランス制御技術を二輪車に応用した、世界初公開の実験車。ライダーが乗っていても、乗っていなくても自立することができ、ライダーが少しバランスを崩しても、バイク自体がバランスを保つことで、低速走行時や停止時のふらつき、取り回しの際の転倒リスクを軽減する。一方で、通常の走行時には、既存の二輪車と同等の操縦性を実現している。ツーリングやバイクのある日常をより楽しいものにする提案。

UNI-CUB β

UNI-CUB β
 
「人との調和」をテーマに、人が行き交う空間でも使用できるパーソナルモビリティ。Honda独自のバランス制御技術などにより、身体を傾けて体重移動するだけで、前後左右や斜めに自由に移動することができる。
また、UNI-CUB βにROS(ロボット オペレーティング システム)対応のAPI(アプリケーション プログラミング インターフェース)を搭載し、遠隔操作を可能にした機体は、無人で荷物を運んだり、あらかじめプログラムされたルートで人を案内したりするなど、アイデア次第でさまざまな活用が可能な「乗れるIoT」として、パーソナルモビリティの持つ、新たな可能性の拡大を目指している。

Safe Swarm

自然界から着想を得た、コネクティッドカー技術(ネット接続型や車車間通信自動車技術)で魚の群れの動きのようにスムーズな交通の流れを実現するための提案。車車間通信で前方の道路状況や障害物の情報を共有したり、合流時や車線変更時のスピードを分析し、適切なスピード・タイミングでの合流・車線変更をアシストしたりすることで渋滞発生を防ぐなど、自車のみならず、交通全体の流れが安全かつスムーズとなるような交通社会の実現を目指している。

Honda HMI Concept

自動運転を実現する画像認識システム、タッチスクリーンとリモートコントローラーのそれぞれの長所を取り入れた新しいインターフェースなど、安全で快適な運転を可能とする新たな運転環境の提案。

In-Vehicle Payment

ガソリンスタンドやコインパーキングなどで車に乗ったまま支払いを行うことができる技術で、Honda Developer Studio※2 (以下、HDS)とVISAが共同開発している。悪天候時や夜間でも車から降りる必要がないため、安全に支払いを行うことができる。

Dream Drive

Virtual Reality(VR)ゴーグルを装着すると、車の動きに合わせてVR画面の中に飲食店などの情報が表示されたり、ゲームが進行したりする技術で、HDSとDream Worksが共同開発している。新たな後席向けエンターテインメントとしての提案。

Vocal Zoom

光学的に顔の振動を読み取って、音声認識精度を向上させる技術で、Honda Xcelerator※3 とVocal Zoomが共同開発している。騒音環境下でも車へのボイスコマンドの伝達をより確実にし、運転に集中できる環境を整える。

LEIA 3D

ナノテクノロジーを使って3D表示を行うドライバー用ディスプレイで、Honda XceleratorとLEIAが共同開発している。どの角度から見ても自然に見えるよう自動調整されるディスプレイで、ナビゲーションや交通情報の表示などさまざまな情報の表示に活用できる。
※1
「感情エンジン」について
ソフトバンクグループ傘下のcocoro SB株式会社が開発したAI技術で、機械自らの感情を擬似的に生成する機能について、Hondaと共同で研究開発している
※2
「Honda Developer Studio」について
車載用のアプリをより早く実用化するため、2014年にHonda Silicon Valley Lab(以下、HSVL)内に立ち上げた、Hondaエンジニアとアプリ開発者が協業する場
※3
「Honda Xcelerator」について
HSVLが主体となり、全く新しいモノを作ろうとしているスタートアップに対し、資金援助やコラボレーションの場、テスト用車両、Hondaのメンターによるサポートなどを提供するプログラム

【関連リンク】
 ホンダ(HONDA)

Previous

CES2017に変化。GoogleやAmazonがスマートホームのエージェントに、NVIDIA, HUAWEIなどとの提携が加速 CES2017レポート1

日産、マイクロソフトのAI技術「Cortana」の自動車への適用検討を含めた5つの計画を発表

Next