Wi-FiルーターやNetworkスイッチを、簡単にBluetooth/Wi-Fiゲートウェイにアップグレードできるソフトウェア

ワイヤレスジャパン2015に出展していた、アプリックスIPホールディングス株式会社(以下、アプリックス)の広報担当 宮川さんに、Wi-FiルーターやNetworkスイッチを、簡単にBluetooth/Wi-Fiゲートウェイにアップグレードできるソフトウェアについてお話を伺がった。

前回の記事「IoT腹筋でレコーディングダイエット」はこちら。

 

BLE(Bluetooth Low Energy)対応のチョロQを、BLE非対応のスマホから操作する動体デモ

チョロQの中に、アプリックスのモジュールが入っている
チョロQの中に、アプリックスのモジュールが入っている
アプリックス
BLE非対応のスマホからチョロQを操作

―これはどのようなものですか?

宮川さん(以下、宮川)「これは、WiFiとBluetoothを両方使いゲートウェイという形で、ネットワークの範囲を広げようという試みで作ったものです。このナノブロックで作られたチョロQは、去年のクリスマスにタカラトミーさんから発売された市販のものになります。

この中に弊社のモジュールが入っていて、WiFiのゲートウェイで遠隔操作できるので、Bluetooth非搭載のスマートフォンから操作することができるデモになります。」

・デモ動画(11秒)

 

チョロQの技術はデモンストレーションにすぎない。

これはどういう技術かというと、インターネットを経由しIntelのEdisonのような極小チップが入ったデバイスを操作すると、そのデバイスがBluetooth通信で少し離れたものも動かせるということだ。チョロQをBluetoothで直接動かしているわけではない。

チョロQ

このBluetoothの技術が活きるのは、コントロールするデバイスから離れて動くところにあり、例えば、自宅のスイッチを遠隔操作して、電気を消したり、エアコンをつけておいたりするというスマートホームなどだろう。

 

アプリックスは、「BLE(Bluetooth Low Energy)対応機器が増えていく中、遠隔からの操作やデータの送受信の要望が増えてきており、インターネットにつながるWi-FiルーターやNetworkスイッチを簡単にBluetooth/Wi-Fiゲートウェイにすることで低コスト化が図れるため、一気にIoTの普及を加速できることができる」と発表している。

Previous

Google がIoT用OS「Project Brillo」を発表

防災情報が届くと、自動的に明かりが点灯し、暖房機器がシャットダウン

Next