ホンダ、自動運転・人工知能人材の積極採用を継続

本田技研工業株式会社は、2018年度定期採用計画および2017年度中途採用計画について発表した。電動化・自動運転・人工知能をはじめとする新技術領域の強化に向け、定期採用・中途採用における技術者の積極採用を継続。また、モノづくりの現場力強化に向け、高卒定期採用・中途採用を拡大。多様性の更なる進化に向け、女性の採用を積極的に行っていくという。

定期採用 2018年度採用計画 (参考:2017年度入社予定)
大卒技術系 500人 503人
大卒事務系 60人 62人
大卒計 560人 565人
高卒 260人 226人
合計 820人 791人
中途採用 2017年度採用計画 (参考:2016年度実績)
合計 590人 278人

※大卒技術系および大卒計には、高専、専門学校卒とデザイン関連の採用を含む。
※卒業後3年以内の既卒者については、新卒扱いとしている。

【関連リンク】
ホンダ(HONDA)

Previous

マイクロソフトの「Office 365」、AIで働き方を見直す新機能追加

GENIVIアライアンスとOpen Connectivity Foundation、車載コネクティビティーのオープン規格で提携

Next