クアルコム、GE Digital、Nokiaと共にインダストリアルIoT向けのプライベートLTEトライアルネットワークを発表

Qualcomm Incorporated(以下、クアルコム)は、GE Digital・Nokiaと共に、各社のプラットフォームと技術を統合したインダストリアルIoT(IIoT)向けプライベートLTEネットワークのデモに成功したこと、また、2017年を通じて研究・フィールドトライアルを実施する計画を発表した。

プライベートLTEネットワークは、LTEを共有/アンライセンスド/専用周波数帯で利用するもので、このデモはアメリカでCitizens Broadband Radio Service(CBRS)として知られている3.5GHz帯の共有周波数帯でのLTE-TDDを活用している。5GHz帯などのアンライセンスド周波数帯はMulteFireによってプライベートLTEネットワークを構築することが出来る。

また、プライベートLTEネットワークは周波数帯ライセンス無しに企業が独自のLTEネットワークを所有・管理することが可能となり、LTEの高い性能を活用し、企業の特定のアプリケーションに適したカスタマイズをすることが出来る。

今回のデモでは、クアルコムはワイヤレステクノロジーと端末用チップセットを、Nokiaは基地局インフラとNokia Digital Automation Cloudサービスを提供し、GE Digitalは新たなコネクティビティをPredixプラットフォームに統合した。

提供:クアルコム(Qualcomm)

【関連リンク】
クアルコム(Qualcomm)
GEデジタル(GE Digital)
ノキア(Nokia)

Previous

産官学が集まり激論。インダストリー4.0の何がすごいのか 東洋ビジネスエンジニアリング IoTForum 2017 基調講演 レポート

ソラコム、IoT通信プラットフォーム「SORACOM」を欧州でサービス提供開始

Next