すすむ欧州のLPWA事情、ActilityのLoRaWANへの取り組み ーMWC2017レポート②

バルセロナで開かれた、MWC(モバイル・ワールド・コングレス)レポートの第二回は、LPWAに関してだ。

前回の記事でも、NB-IoTには触れたが、LPWAというの国内でもLoRaWANや、SigFoxが知られている。

そもそもLPWAの規格としてはいくつも種類があるが、よく言われるポイントとしては、データ転送速度が遅く、飛距離が長いということだが、以前の記事でも掲載した、実際にLPWAの専門子会社をもつソラコム社が行った実験の数々を見ていると、遮蔽物があると案外飛ばないということもわかってきている。

MWC2017

MWC2017

そんなLPWAだが、国内では、LoRaアライアンスといわれる団体に所属しているm2bコミュニケーションズや、昨年ソフトバンクもサービス提供を開始し話題を呼んでいる。

また、少しなじみがないかもしれないが、フランスのActilityという企業からも目が離せない。前述したソフトバンクのLoRaWANサービスにも、ActilityのThingParkというIoTプラットフォームが利用されているのだ。

MWC2017

そんな中、昨年末京セラコミュニケーションズがフランスのSIGFOXが提供するLPWAを日本で展開するということになった。現状フランスやスペインを中心に、32カ国で展開しており、日本国内でも20社以上のエコシステムパートナーと共に展開してくということだ。

既にフランスやスペインではLPWAを活用した取り組みがスタートしており、実際にどういうシーンで利用されているのかについてヒヤリングを行った。

LoRaWAN

MWC2017

LoRaWANを活用したIoTプラットフォームを展開するActilityによれば、「エネルギー・ユーティリティ」「スマートビルディング」「スマートシティー」「高精度農業」「ロジスティクス・交通」「ファクトリー4.0」の分野で使えるとしている。

バルセロナ市における物流網にGPSトラッカーを配置し、LoRaWANを活用したIoTプラットフォームであるThingParkで情報を収集して、管理画面上に状況を表示するというデモを行っていた。

MWC2017

MWC2017

また、実際にどういう現場で使われているのかという事例がデバイスと共に展示されていた。

MWC2017
スマートパーキングのためのセンサー(スマートシティー)
MWC2017
アセットトラッカー(ロジスティクス)
MWC2017
GPSトラッカー(物流)
MWC2017
パイプの流量把握センサー(ファクトリー4.0)
MWC2017
左:PIR(Passive-Infra-Red):赤外線センサー
右:GPSセンサー

さらに、LoRaWAN用のアンテナ設備も展示されていた。

MWC2017

Actility以外にも、LoRaアライアンスとしても、対応デバイスに関する展示を行っていた。

例えば、orbiwiseのセンサー(下写真)では、長いコードで繋がれたセンサーを地中に埋め、水道管をセンシングする。通信に関しては地上にでているLoRaでの通信が可能なデバイスを使って通信をしているということだ。

MWC2017

Sigfoxの展示はほとんどなく、商談コーナーしかなかったため別の機会に対応デバイスなどの紹介をしていく。

関連記事:
5Gの潮流はIoT事業者にどういう影響をあたえるのか? -MWC2017レポート
すすむ欧州のLPWA事情、ActilityのLoRaWANへの取り組み ーMWC2017レポート②
アクセンチュアデジタルの見せた近未来 -MWC2017レポート③
ソラコム、ヨーロッパ進出、利用可能デバイスを展示 -MWC2017レポート④

Previous

STARTUP WORLD CUP2017にアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアック氏も参加[PR]

アクセンチュアデジタルの見せた近未来 -MWC2017レポート③

Next