KDDIとアクセンチュア、データアナリティクスの活用推進に向けた合弁会社設立で合意

KDDI株式会社とアクセンチュア株式会社は、データアナリティクスを活用し、KDDIの顧客体験価値(Customer Experience)の向上と、パートナービジネスの推進を目的とした合弁会社「株式会社ARISE analytics(アライズ アナリティクス)」の設立で合意した。なお、アクセンチュアからの出資は、関係当局の許可が下り次第、実施される予定。新会社はKDDIの連結子会社として今後、KDDIグループのデータ利活用の中核的な役割を果たし、通信やEコマース、IoTなどの領域で人工知能(AI)を含めた先進的なアナリティクス技術を提供していくという。

新会社の代表取締役社長には、KDDIから家中 仁氏が就任するほか、アクセンチュアからは国内外のアナリティクス領域で豊富な知見を有する工藤 卓哉氏(Accenture Data Science Center of Excellence グローバル統括 兼 アクセンチュア アナリティクス 日本統括 マネジング・ディレクターを兼務)が取締役兼Chief Science Officer(CSO)として参画。また両社は、工藤氏のもとでさまざまな分析やデータ解析を担っていくデータサイエンティストら専門的な分野で活躍する人材を新会社へ投入する。
 
新会社は、最新のAI技術などを取り入れた次世代型チャットサービスやレコメンドエンジンの開発、KDDIおよびグループ各社が保有するデータ分析の支援などに注力することにより、通信サービスのみならず、「au スマートパスプレミアム」や「Wowma!」、「au WALLET Market」などのEコマース、「au WALLET プリペイドカード」ならびに「au WALLETクレジットカード」などの金融を含む、さまざまな付加価値サービスにおける顧客体験価値向上に貢献していく。

また、インターネット広告やIoTなどの事業領域では、KDDIがパートナービジネスを推進するうえで、パートナー企業が有するデータの分析機能を提供するとともに、データ利活用の取組みを提案していくという。

【関連リンク】
ケイディーディーアイ(KDDI)
アクセンチュア(Accenture)
アライズ アナリティクス(ARISE analytics)

Previous

STマイクロエレクトロニクス、性能と効率を最適化した低消費電力マイコンSTM32L4シリーズの新製品を発表

NEC、「スマートシティ会津若松」への支援を強化

Next